温泉文化研究所(Home)   》   塩原温泉郷






塩原温泉郷
 塩原温泉郷は極上の温泉地帯です。関東に住む人間にとっては、草津・四万・湯宿などと並んで全国に誇るべきものと捉えています。共同湯も、どれも素晴らしいですし、共同湯がない温泉地であっても、それぞれが個性的で魅力ある浴場を備えた旅館などを有しています。
 そもそも全国にあまた温泉郷と呼称される存在がありますが、ここほどその名にふさわしい場所はないのではないでしょうか。温泉郷という言葉の定義が「温泉地や温泉街が近距離に点在して固まっているエリア」とするならば、ここ塩原温泉郷はまさにその名にふさわしい場所であると言うことです。
 現代では“温泉郷”という呼称を用いるエリアも、昔は例えば『別府八湯』(別府、浜脇、観海寺、堀田、鉄輪、明礬、柴石、亀川)、『箱根七湯』(湯本、塔ノ沢、堂ヶ島、宮ノ下、底倉、木賀、芦之湯)等と呼ばれ、塩原の近くでは『那須七湯』(湯本温泉、大丸温泉、弁天温泉、北温泉、高雄温泉、三斗小屋温泉、板室温泉)等というものもありますが、塩原温泉は『塩原11湯』と呼ばれ(大網、福渡、畑下、塩の湯、塩竃、門前、古町、甘湯、中塩原、上塩原、新湯、元湯)、実際は11でも収まらない温泉郷なのです。(詳しくはこちらを)
 美しい清流箒川に沿って続く塩原温泉郷は、大同元年(806年)に発見された 長い歴史を持つ温泉です。 明治17年(1884年)に塩原街道が開通し、 夏目漱石、谷崎潤一郎、斉藤茂吉などの文豪が訪れ、 尾崎紅葉の金色夜叉はこの地で生まれました。 このように訪れた文豪により、 塩原温泉郷の美しさは全国に紹介されました。(参考塩原温泉公式HP)
 春の芽吹き、夏のまぶしい新緑と涼しげな清流、秋の目もくらむような紅葉、冬のゆらめく湯気などなど、当研究所は塩原を愛してやまないのです。
 皆様是非一度塩原へ足をお運びください。きっとお気に入りの温泉になると思いますよ。


塩原温泉郷の歩き方
 
 塩原は実に広大な範囲に温泉が点在しています。国道400号沿いで一番高速に近い所にある、箒川下流付近の大網温泉から一番山の手の元湯まで11の温泉を総称して呼称する“塩原温泉郷”では車なしだと相当辛いです。共同湯は、主に「福渡温泉」「古町温泉」「新湯温泉」にありますが、古町を除いて使いやすいPはありません。それでは下流から上流に向かって温泉ごとにコメントします。
 
 まず「福渡温泉」ですが、ここには塩原を代表する共同露天「岩の湯」「不動の湯」があります。温泉街は互いに一方通行となっている二股の車道に沿って連なっています。その内、会津方面への一方通行路に路駐する方が非常に多く、渋滞の原因になったり、歩行者を危険にさらしたりしています。当研究所としてはそこから300〜400b進んだ信号の先の左手にある大きなPを推奨します。ここはトイレも24Hで車中泊も可です。風呂までやや歩きますが、それでも徒歩5〜10分程度と美しい箒川沿いに散策路がもうけられ、苦になる距離ではありません。
 
 次に「畑下温泉」ですが、ここにはかつて「青葉の湯」がありました。この温泉、以前はこの温泉街の対岸にあった「青葉の湯」への経路が川にかかる仮設橋だったが故に何度も台風などの水害に襲われ、そのたびに一時閉鎖となっていたのですが、ここで、抜本的な改革として橋を吊り橋に変えました。そして見事平成17年5月共同湯・青葉の湯は橋とともに復活しました。そして紆余曲折の後、2012年9月現在では青葉の湯は旅館の所有となり、旅館の利用者のみ入浴でき方式に変わりましたが、肝心の旅館が休業中で、またも入浴が出来なくなっています。畑下をご利用の方は「塩竃」の手前の七つ岩吊り橋の足湯Pに止めてください。ここはトイレ24Hの上、足湯付きです。塩原で車中泊には最高でしょう。ここから徒歩だと10〜15分要します。ですが、畑下の温泉街はP不可ですので、あきらめて歩きましょう。
 
 次に「古町温泉」です。ここには福渡温泉と並ぶ塩原の代名詞「もみじの湯」があります。川沿いの露天でやはり素晴らしい景観とロケーションを誇ります。ここは通り沿いの大型観光施設の対岸にあります。基本的には「塩原ものがたり館」を探してください。この施設のPは十分な容量があり、止めた後川に向かうと大きな吊り橋が見え、それを渡ると右折、川沿いにすぐです。このものがたり館はショッピングなどをするのによく、野菜やその他の特産物また、ソフトクリームも有名です。またここから徒歩で、古町だけでなく、「門前温泉」の温泉街の散策も簡単にいけます。門前は古町よりお店が多く、お菓子を買ったり、いわゆる温泉街のおみやげ物などを見ることができます。(門前の観光には観光案内所前にPがあります。ただ門前温泉は観光にはすばらしいのですが、外来可能湯が2012年現在ありませんので念のため)
 
 最後は「新湯温泉」です。ここもPを見つけにくいです。共同湯へ行くには一旦新湯バス停を過ぎて旅館下藤屋の前を過ぎ、更に100bほど行った左手の大きな路肩に止めるのがよいです。バス停付近に路駐する方がいますが、迷惑この上なく、バスの到着時と絡むとよく渋滞を起こしています。ここから、バス停に戻るとすぐ上に視線をずらして、「寺の湯」そこから右手にスロープを上がっていくと2分で「中の湯」、更に寺の湯から振り向いて道の反対側の階段を降りきると「むじなの湯」があります。

   
※この他にも塩原温泉には日帰り湯が沢山あります。


燃えたつような紅葉の11月 早朝の共同浴場 GW。新緑がまぶしい(5月)


温泉街の風景
   塩竃温泉付近、塩原には珍しい汲み湯があります。冬は融雪に使うと言うことでした。
   もはやすっかり有名になった七つ岩の足湯。紅葉の名所だけに湯口には紅葉の葉がモチーフになっています。
古町温泉の足湯。
    下:塩原にもこんなとこあるんだ〜と思える地獄地帯。当然ここから湧く湯は酸性が強く、硫黄が強く真っ白です。   しかし、斜面中腹にあるポリは何なのでしょう。あれには湯があるのか。血が騒ぐ。


味どころいろいろ
イタリア料理
ジョイアミ〜ア
  塩原温泉への入り口に当たる道の駅「湯の香塩原」そばのイタリア料理店。味、ボリュ−ム、値段のバランスに優れ、いつも人で一杯の店。那須湯本の本店の支店です。当研究所は必ずと言っていいほどここで、「生ハムピザ」と「ローストビーフのサラダ」をオーダーしますが、平日のランチもすごいです。ぜひお試しを!
   生ハムのピザ 1300円。

  あまり生ハムは好きではなかったのですが、ここのは本当においしいです。


   ローストビーフのサラダ
        1200円。


   やや高いですが、サラダというより、前菜にローストビーフと野菜を食べる感じです。ちなみに野菜の中に具としてローストビーフの角切りがごろごろ入ってます。
湯上がりそば
信吉
  上述のイタリア料理店のほぼ真正面にあるそばや。ここいら辺では一番味と値段のバランスが優れたお店。天ざるもいいですが、そば好きならば、一升そばや五合そばをお試しあれ。量がやばいです。


大網温泉
    有名な川床の露天風呂を持つ一軒宿の旅館(田中屋)があるだけの温泉地。深く切れ込んだ峡谷の底に浴場があるため、旅館の前の国道を横切り、階段でひたすら下へとおりてゆく。大きな岩と岩の間に点在する湯は原始の野湯を思い起こさせ絶品。全国に誇る露天風呂です。



福渡温泉
    川沿いに遊歩道がつき、なんと野生のかわせみまでみられる箒(ほうき)川。その川を一望するロケーションにある共同露天「岩の湯」と更に支流に分け入った林間の渓流露天「不動の湯」の2つの共同湯があるのが、福渡温泉です。(もちろん歴史を秘めた老舗宿の中にも日帰り入浴出来る所有ります)

岩の湯   Pから川の下流方面に歩きながら戻ります。国道から徒歩でしか行けない石の階段が付いているところがあり、それを見つけたらすぐに川面の方に降りていきます。降りたら左折、川面は実に清涼で気持ちよく、快適に露天までアプローチできます。徐々に橋が視界に入り近づいてきます。この橋を渡り、右に行くと岩の湯、左に行き更に川から離れ右に進むとやがて不動の湯です。どちらも脱衣所の手前で寸志の200円を払います。この岩の湯、湯船が2つありますが、どちらも希有な足下自噴泉となっており、時折、湯底から気泡が上がります。また、日によって湯の色が変わり実に飽きの来ない快適な湯浴みができる全国的にも希有なレベルの共同湯です。
   6時から21時。200円。
不動の湯   林間の渓流露天。湯は打瀬の様に注ぐ源泉口から、透明な状態で注がれかなりの湯量です。岩の湯とは雰囲気の違う森林浴温泉と言った雰囲気です。足湯も付いてリラックスムード。炭酸あわあわ湯ですが体にはあまり付きません。
   6時から21時。200円。


岩の湯
   遊歩道沿いに歩いてくるとやがて裸の人がわらわら集まっているポイントが川の対岸に見えてきます。人がいる湯舟の方が、湯が緑色の事が多い丸岩風呂、奧の目隠しがあるところが湯の色が変化する四角い切石の風呂となっています。   橋を渡って岩の湯に近づくと料金箱が見えてきます。以前は寸志でしたが、最近は清掃協力金という形で200円に決められています。多くのHPやサイトの方が昔のデータを更新せず、「無料や100円」をうたっていますが皆様料金にはご注意下さい。
   上:岩の湯の主浴槽。やはり開放感があるためか、こちらに人が多い。湯船の底は砂地になっており、絶えずあちらこちらから気泡が上がり、足下自噴しているのがわかります。更に岩壁からも投入されています。   下:もう一つの湯船。こちらの湯船は天気や気温、湿度などによって色が変化するらしい。この日は美しい青(乳青色)でした。こちらの湯船も底から気泡が上がるが未だ、湯がどこから出ているのかよくわかりません。ちなみに底は縁と同じ石です。
  今日はもう色がきれいだったので、こちらに入りまくりです。
  緑と青の浴槽の中間にも脱衣所がありますが、川側の目隠しの裏も脱衣所になっています。
   こちら緑浴槽の源泉です。鉄分が多いのか赤を中心にものすごい複雑な色を呈しています。
実に魅惑的な青です。この日ばかりは赤川温泉に匹敵する色でした。        むふふ。
   またある時の岩の湯。この日は透明なクリアーグリーンでした。(青っぽく見えますが、肉眼だと緑なのです)   透明だと足下自噴泉なのが非常によく分かりました。泡が終始ポコポコ上がってきていました。



隠し岩の湯
  大仰なタイトルを付けてしまいましたが、何のことはありません。このすぐ上の画像の通り、岩の湯の緑湯浴槽の前の岩盤にオーバーフローの湯が巧く伝わるように石を穿って作った野湯風岩風呂があるのです。
  
    ここは岩盤を伝う湯がかなり湯温の低下を促進しますので、入浴の時期を選びますが(当然ちょっとでも川が増水すれば水没です)、条件のいい時を選べば、丁度人一人分の甌穴がぴったりと体にマッチし、本当に目の前が渓流でしかも長湯向きのぬる適温の湯が丁度良い深さでびっくりするような好条件で湯浴みできます。(やや苔有り)  野湯好きの方
 お試しあれ!!


不動の湯
  基本的に福渡の2つの露天湯はどちらもレベルが高く、岩の湯に入ればもう充分という感があって、中々不動の湯に来る機会が出来ません。オマケに一般的にはこちらの方が人気があって人が多いことが多く、更に女性にはこちらの方が入浴しづらいようで奥さんが嫌がってしまい益々足が遠のいています。   しかし、たまに貸し切りの日に当たるとやはりこちらも気持ちがいいのです。特にこの下の画像のように落差のある湯口は打瀬にぴったりで、実に気分爽快。肩に良し、腰に良し、素晴らしいのです。


畑下温泉
    
青葉の湯はお気に入りの場所です。恐らく塩原の共同湯で一番ひっそりとした場所だと思います。ただ、かつては唯一ここだけが露天の中で24Hだったのですが、度重なる台風の水害にさいなまれ閉鎖の憂き目にたびたびあっていましたが、今回(H.17)復活にあたりオープン時間が夜明けから21時半までとなってしまったのだけが残念といえば残念です。深夜東京を出てもだいたい90分で着きますので、金曜の夜に出てここで湯に入り、それから寝て、起きたらそのまま奧会津直行というのが、一時パタ〜ン化してました。丁度渓流を見晴らすのに良い高さのポジに立地し、ロケーションも3つ(岩の湯もみじの湯・青葉の湯)の中で最高だったのですが。でも復活したのだけでも御の字です。一番記憶が古かったのは、近頃比較的頻繁に起きる増水の先駆けともなった「那須の余笹川の大水」の時です。あの時「余笹川」流域は家屋のみならず、人的被害も出たので、かなり報道されましたが、塩原を貫く「箒川」(ほうきがわ)も川床の様子が一変するほど増水し、青葉の湯前の仮設橋も完全に押し流されました。その後、橋が流されるというのはあまり例がないことだったこともあり、その時はすぐに復興しましたが、以降1〜2年に一度必ずなるようになってしまい、数年前を境に橋が再建されなくなって今年5月(平成17年)にやっと再興したわけです。この立派な釣り橋なら、もう自然災害に影響されることもないでしょう。


  上:青葉の湯周辺の一時閉鎖時の様子。吊り橋は完成していますが、湯の復活は・・・。
  以前は下の川の上に礎石があり、その上にかなり厚めの木の板を渡していました。

  左:湯が注がれなくなって久しい湯船。寂しそうです。
  下:正面より。四阿がかかり、悪天の時にも楽しめ、それでいて開放感も失われていない良い露天でした。
  上:復活なった『青葉の湯』。本当に久しぶりに湯が入っているところを見てほっとしました。  下:こんな場所がわずか200円で独占できる。ここの他は天瀬だけでしょう。   


塩竃温泉
    ここには共同湯はありません。基本的に国道400号沿いに有名旅館が建ち並ぶ地域です。


塩の湯
    ここには現在の調査では共同湯は発見できていません。雑誌やメディアで川床露天で有名な「塩原明賀館」がある温泉で、国道を離れ山の中に入った細い渓谷沿いに数軒の旅館が建ち並ぶ静かな場所です。


門前温泉
    ホテルニュー塩原がある温泉です。温泉街は国道400号沿いに展開し車通りが多く、その中にはバスやトラックなど大型もかなり含まれていますので、やや落ち着かない雰囲気もありますが、和菓子や土産物など、塩原で一番お店が充実している場所かも知れません。また、温泉街には沢山のライオンの湧水口があり、塩原のわき水を飲むことができます。


古町温泉
    古町と門前は小さな橋を介してほぼつながっています。車だと畑下方面から国道400号で来るとあっという間に門前を過ぎ、気が付くと古町になっています。上述の通り、「塩原ものがたり館」に車を置き、観光や「もみじの湯」で湯浴みというのが、お勧めです。
  時間はファジーです。一応記入はありますが、特に夜は、夜中の12時頃でも、入浴できます。まあ、この手の浴場の常識的な時間の範囲(6時から23時頃)を出なければ、概ねオーケイと考え、湯がなかったら運が悪かったと割り切りましょう。最近は昔みたいに湯がないということはまずないようです。


もみじの湯は現在川と湯船の間に仕切りが画像のような展望は望めません。

もみじの湯
  現在のもみじの湯は脱衣所の前に大きな目隠しができてしまいました。これには理由があります。以前はものがたり館は存在せず、吊り橋もなかったのです。つまり正面からまじまじと見られるという事がなく、露天へのアプローチもニュー塩原下の橋から川沿いに遊歩道を歩いて来ていました。
   圧倒的な開放感で、お気に入りの場所だったのですが。
   現在はこの背景に吊り橋が写ります。
   手前が熱湯。今私がいる方がぬる湯でした。



上塩原温泉
    塩原の共同湯ファンには実に郷愁の念が残るのが上塩原です。ここにはかつて「いさきの湯」という塩原で唯一の24H開放、無人で男女別の内湯という共同湯がありました。しかし現在は大型の日帰り湯が完成したため、完全廃止となり、今では面影もありません。


上塩原温泉 いさきの湯(栃木県)
   いさきの湯は、かつて塩原で唯一の一般可の内湯共同湯でした。しかも24時間無料開放であり、本当にかけがえのない存在でした。湯小屋は男女別になっており、トイレまでそなえた、超A級の共同湯でした。廃止に関してはマナーが悪かったせいだという人もいますが、地元の人の中には、最初からこの共同湯は期限付きのもので、現在の「華の湯」が完成と同時に廃止になったという人もおり、実際の所はわかりません。
   湯船です。いつも夜に入っていたので、きちんとした写真が一枚もありません。これは珍しく早朝に行った際、清掃直後に当たったため、湯を貯めているところです。周囲も明るく、比較的見やすく写っていました。



元湯温泉
    ここも共同湯はありません。しかし塩原最古の源泉からでる個性的な湯は素晴らしく、山間に点在する三軒の旅館の湯は極上のものばかりです。


元泉館
  極上の硫黄臭が香るエメラルドグリーンの湯、元泉館です。内湯もありますが、ここはやはり露天がよいです。



えびす屋
    ミストサウナのような浴室で画像がきれいに写りませんでした。ここの源泉は間欠泉で、5分おきくらいに「ごごご」という感じで吹きだします。



新湯温泉
    現在塩原では唯一内湯の共同湯があるのが、新湯です。ここも元湯同様歴史は古く、3軒の共同湯は昔の湯治場の雰囲気を残し、1軒は混浴です。

むじなの湯   新湯で最も有名で固定ファンの多い共同湯。以前は混浴だったのですが、有名になるに連れ、一般のお客さんも増え、ある程度時代の流れに推されて別浴にしたみたいです。源泉に直に湯船をしつらえた、足下ではないですが、源直自噴湯です。
寺の湯   バス停にある誰でも目に入る共同湯。しかし、ここが現在唯一の混浴の共同湯となっています。私はここか、中の湯が好きです。
中の湯   山側に少し上ったところにある、中の湯。ちっちゃな湯船が実に落ち着き、とても良いのですが、ここは結構人が来るので、定員オーバーのなると次の人に譲ったりして、若干せわしいです。
3軒とも「8時から18時。300円。無人。お賽銭式。」



むじなの湯
  こちら混浴時代の浴舎です。といっても再建ではなく、入り口を分けただけなのですが。
  これも混浴時代の湯船です。ここはとにかく人が多く、脱衣所からガラス越しが一杯一杯でした。
  そして別浴になった後です。昔の入り口は女性用となり、新しいアルミ扉が男性用となりました。


寺の湯
  当研究所のお気に入り、寺の湯です。やはり混浴は共同湯の一つの原点でしょうし、ジモっぽくもあります。
  寺の湯は基本的に熱めの湯ですが、左右で温度差はないようでした。
  これは右側の湯船です。



中の湯
  中の湯と寺の湯はL字形になっており、双方の背後にこの様に地獄地帯が広がっています。
  一番小さな浴舎と一番小さな湯船が中の湯です。
  やはり強酸性泉の場合、木組みが基本です。
  若干湯量が少ないですが、これは湯量「大」か「小」しか選べないせいです。この塩ビパイプをとると放水車のごとく投入されますが、そうすると熱すぎるのです。
   この直前までかなりにぎわっていました。すっかり湯が減ったので、調子に乗って湯を出したら、熱くなってしまい、結局オーバーフローさせられませんでした。   今度は平日にじっくり浸かりたいです。

  


温文研ホームへ トップへ 県別リストへ

inserted by FC2 system