温泉文化研究所(HOME)   》   島根県県別リスト   》   海潮温泉


海潮温泉
  「うしお(海潮)」温泉は宍道湖の南岸玉造温泉の更に南の「旧大東町」にある温泉です。この界隈はなんとこの度の大合併で「大東町」「加茂町」「木次町」「三刀屋町」「吉田町」「掛合町」の6つが一つになり、出雲の南ということで「雲南市」という市になってしまいました。この自治体恐るべき面積を持つ「市」であり、この先雲南市の「海潮温泉」といわれても広い市内の中でかなり「?」なイメージになると思います。
  海潮温泉は旅館数軒と共同浴場・公衆浴場からなる温泉地で、つるつる湯が特徴です。温泉街はお店など無く、純粋に湯に浸かりに行くための場所です。ここの共同湯・公衆浴場は実は200円という正に当研究所のストライクゾ〜ンど真ん中の施設が「2軒」あるのですが、当研究所予習を十分に行わなかったため、1軒をロストしたままに成っていて悔しい思いをしています。共同湯を「かじか荘」、公衆浴場を「桂荘」といいます。
  当研究所が利用したかじか荘は、9時半〜21時。200円。という施設で、無人のお賽銭式ほったらかし温泉でした。外観も内部も正に当研究所のストライクゾ〜ンど真ん中、湯舟も青い美しいタイルのもので湯自体もつるつるするものですが、洗い場や湯舟の縁も本当につるつるしていて、三脚で入浴画像撮る時、ダッシュするのが怖かったです。


海潮温泉
町営  憩いの家  かじか荘
  玉造温泉そばの海潮温泉(うしおとよみます)です。島根には潮温泉もあり、紛らわしいです。ここには町営の温泉施設「憩いの家 かじか荘」があります。無人のお賽銭式で200円。これぞ秘湯です。


   温泉は旅館が数軒あるだけの小さなもので、温泉街はありません。かじか荘はこの敷地の一番奥にあり、この温泉モニュメントの前にも車を止められます。

   中央から流れているのは湯です。この裏側に汲みやすい蛇口式の湯汲み場があります。
  こちら裏側の湯汲み場。浴びちゃだめですよ。Dさん。
  かじか荘は一番奥にありますが、そこにもPがあり、当研究所珍しく奧まで入っていきましたが、問題なくPでき、更に静かに休むことも出来ました。


  下:かじか荘です。事前に聞いているとはいえ、とても無人の設備には見えません。
  しかしやはり無人でした。
  お金を箱に入れ、更に紙にスタンプを押すという類を見ない方式です。
  これでスタンプ数×200円の計算が合うとしたら、すばらしいマナーです。

  下:湯は無色透明ですが、ものすごくつるつるする湯で、写真を撮るとき洗い場で滑って転びそうになってしまいました。
  上:この日は西日がすごくて当研究所の腕前では、陰影をコントロール出来ませんでした。ちょっと悔しい画像の連続です。どのみち桂荘もロストしているので、再訪したいですね。   下:こちらを共同湯と呼ぶのをご理解いただけるでしょうか。湯舟以外にはほとんど何もないのです。ここ。
  上:爆流のような源泉投入。実は熱湯に水入れてるのではなく、ほぼ適温かぬるめくらいの源泉を投入しているのです。みなさん出しっぱなしでものすごい量が溢れていました。飲泉もできると言うのもうれしいです。   下:なんかシュールな画像に成っちゃいました。でもオーバーフローの感じは結構出ていると思います。ここも気持ちいいですよ〜、皆さん。




温文研ホームへ 県別リストへ






inserted by FC2 system