温泉文化研究所(HOME) 》  大分県県別リスト  》  大分市内銭湯  》  キャセイの湯


大分キャセイホテル温泉
  こちらの温泉も外観からは、高速のインターそばに建つごく普通のシティホテル然とした宿泊施設に見えるはずです。そして特徴のない無色透明無味無臭のただのホテルの温泉を300円で開放してあるだけのように感じてしまいますが、実はこのホテル、東北の湯治宿もびっくりな「濃〜い」個性湯の浴場を持っているのです。大分市内にあっては、温泉銭湯などと比するに休日における利用時間が格段に利便性が高いので、正にお勧め温泉です。


  交通量の多い県道沿いにそびえる「キャセイホテル」。JRの南大分駅からも徒歩5分以内でこれる近さです。

  そして建物の左奧が公衆浴場入り口です。
  この「キャセイの湯」というネーミングは笑ってしまいました。
  左:そもそも大分市内では午前中から入れる温泉というのは貴重です。それが、休日はなんと6時から。


  下:いかがですか。これがキャセイの湯です。こちらはパインジュースとでも行ったらいいのでしょうか。黄色のクリア泉はいくつか見たことがありますが、濁って透明度が低い「黄色」というのは極めて珍しいと思います。
  成分表にはやはり塩化土類泉の類の書き込みがありました。
  それを裏付ける数々の析出物。加えて、この仮設っぽい塩ビ管。ここは本当にシティホテルなのでしょうか?
  有名な首飾り状の装飾が付いた鎖。


  こちら水道水ですが、この湯舟の左に水風呂もあります。このパインジュースに浸かったらまた水に行き、また戻りとここも永久機関です。   湯は嘗めると意外と癖のない味で、甘塩味でも塩味よりも甘みが強く、また本当に昆布だしのような味わいも感じます。
  この湯舟は湯舟に切られた排水溝から体を沈めるたびに律儀にオーバーフローしてくれるので、この様に実にきれいに写ります。   裏話ですが、ここでも同浴のおとうさんにカメラを見られてからずっと、「HP出しなよ」と勧められ、苦笑いしっぱなしでした。どうしても最初に「写真何に使うの?」と問われると後難をおそれて、「ただの趣味です」と答えてしまうのですよね〜。



温文研ホームへ 別府リストトップへ 県別リストへ

inserted by FC2 system