温泉文化研究所(HOME) 》  大分県県別リスト  》  国東半島・宇佐市周辺  》  余温泉

院内  余温泉
  余温泉は旧院内町の公営温泉です。青森の公衆浴場を彷彿とさせる手作り感とアットホームな雰囲気が浴場と人との素晴らしい一体感を演出していて、地元の密着型なのがほほえましい形で伝わってくる温泉です。そういう意味ではあまり大分にないタイプの温泉で、九州では珍しいです。(湯の質や湯舟が、という意味ではありません)


  国道から心細い道をたどってやっとココまで来ました。大型車の方は途中「道が間違っていたらどうしよう?」と何度も感じるほど細く、又分岐が多いです。
  単純泉とありましたが、どうなのでしょう?
  こちら手作り感あふれる数々の職員の方の手書き張り紙。
  どれも大変わかりやすく、しかもいやみが無くほほえましいです。某鹿児島の「K温泉」も参考にした方がいいかも?
  ははは。
  受付。
  靴箱の表示。
  壁紙。
  上の受け付け棟を出ると、一旦階段で坂を下り、別棟のログハウス調の浴舎に移動します。(画像は浴舎棟から受け付け棟を見上げています)
  浴舎棟の入り口。
  浴室。妙に細長いスペースで湯舟は個性的なつぶれたホームベース型をしています。
  こちらもユニーク、源泉口。
  全体に深い感じの湯舟でした。
  露天。こちらもスペースにありったけの湯舟を切りました、という感じの変わった形でした。
  源泉口。



温文研ホームへ 別府リストトップへ 県別リストへ


inserted by FC2 system