温泉文化研究所(HOME) 》 長野県県別リスト 》 豊野温泉


豊野温泉 りんごの湯
  豊野温泉は長野県の豊野町の温泉です。平成16年8月に誕生したできたてほやほやの温泉ですが露天からの眺望も良く、周囲はリンゴ畑やいかにも信州らしい山に囲まれた立地にあり、近望も遠望もきくという恵まれた環境にあります。
  豊野温泉には『りんごの湯』という日帰り湯一軒のみしかありません。建物は珍しい2階建ての2階部分のみを用いており、一階は半分が事務所、半分が半青空方式の特産物直売所になっています。
  湯は軽くエメラルドグリーンに色づき、いかにもミネラルたっぷりと言う味がします。こちらかなり大規模な公衆浴場の部類なのですが、湯船での湯の使い方といいますか、掛け流しの手法が素晴らしいことに感銘を受けました。詳しくは下の画像を見た方がわかりやすいと思いますが、普通掛け流しといっても基本的にはオーバーフローすると言うことは湯の表面が流れ出ていっている訳で、基本的に糸くずや髪の毛、その他微少な沈殿物も全て湯底に溜まっていきます。ここりんごの湯では源泉の投入量に対して、その50lを溢れさせ、50lを湯底から吸引して戻していないそうです。オマケに塩素投入もなしにしていて、湯船が大きいだけでまるで小さな共同湯の様な新鮮できれいな湯を味わえるとのことでした。
10時から21時。400円。
極上。絶対お勧め。  


      リンゴの湯の露天風呂からの眺望。背後の山は志賀高原や信州高山温泉郷方面。
  りんごの湯入り口。左のガラスの下、蛍光灯がついている処が直売所。
  湯の色。ここは露天風呂の一角だが、ジャグジーなどは設置されておらず、あくまでも寝湯として実にのんびり湯浴みできる。
   湯の色。こちらは露天の深い方の部分。
   日傘は5個以上用意されており、自由に使える。かなり癒される空間でした。
   リンゴの湯の露天風呂からの眺望。背後の山は志賀高原や信州高山温泉郷方面。また近場の景色はほぼリンゴの木ばかり。実はこの景色のど真ん中をJRの気動車が走り抜ける。
  周囲の眺望。野沢温泉方面。
  周囲の眺望。
   周囲の眺望。脱衣所にはこのようにベランダがあり、外で風に吹かれて汗をひかせる事が出来ます。
露天の湯口。
      上;内湯。内湯の方がエメラルドグリーンがあざやか。浴室内はシャワー完備で、シャンプー・ボディシャンプーも設置されている。サウナもあり。
      下;露天ではしゃぐ主任研究員。
  洗い場。
  この温泉のこだわり1。
   この温泉のこだわり2。
この温泉の分析表。


温文研ホームへ 長野県別リストへ

inserted by FC2 system