温泉文化研究所(HOME) 》 長野県県別リスト 》 霊泉寺温泉


霊泉寺温泉

    霊泉寺温泉は丸子温泉郷の中では地味な存在です。共同湯は一軒のみ、また周囲の旅館も派手さは全くありません。しかし、温泉街においては共同湯はどのような役目を果たしてきたかがよくわかる、いわば温泉文化における歴史の証人的な佇まいを残しています。


霊泉寺温泉の歩き方
  霊泉寺温泉にはその名も霊泉寺にPがあり、ゆったりと車を置いて歩けます。温泉街は共同湯を中心に置いていますので、旅館を見ながら歩くとすぐに共同湯につきます。あまりおみやげ物屋など温泉街らしい所はありませんので、楽しんで歩くとという雰囲気ではないかもしれませんが、温泉街に沿う渓流も美しく、湯上がりに残り半分の温泉街を端まで歩いて折り返してPまで歩くこともお勧めします。


温泉街の風景
   国道から霊泉寺温泉への道にはいると水田の中を細めの道を1〜2キロ行くことになりますが、その途中にこの「入浴客」がいます。実はこの横にもう一組いるのですが、そちらはご自分でお確かめください。実にユニーク且つ楽しいお出迎えです。
   温泉街に沿う渓流です。美しい。
  温泉街のど真ん中、共同湯があります。ここはクランクになっております。
   これは実は浴室の外側です。ここに行く道はありませんが、なぜかこの共同湯時計は外に置いてあります。入浴中に湯船から外を見ると時間がわかるようになっています。


   共同湯
 霊泉寺共同浴場   ぬるめの適温の湯が蕩々と注ぐ共同湯。200円。湯のなまめかしいまでの透明感、青いタイルの美しさ、共同湯が温泉街の中心を為し宿泊客も皆入りに来た頃の面影を残す町並み、静かで落ち着いていて温泉ファンならばどなたかが訪問しても間違いなくお気に召すと思います。
  左右非対称のおもしろい形をした霊泉寺温泉共同浴場です。
   少し光が足らず、タイルの青さが出ていません。
湯口です。適温の湯が注ぎます。
   湯口に行こうとすると決まってつまずいていました。湯底に段差があるからです。長くこの段差なぜあるのだろうと思っていましたが、やっと今回知っている地元の方がいました。ここはなんとタイルがソファー状になっているのです。お尻の形にわずかにアールし、湯口のすぐ横に顔が来るように寄りかかるように座るとお尻が落ち着き、太ももの部分がわずかに盛り上がってストッパーとなり、ずれることなく座れて極上の気分です。いつも段差の上の部分が平らでなかったためにつまずいていたことが恥ずかしながらやっとわかりました。
味のある入り口です。
   湯船の奥の方に段差があるのがわかるでしょうか。


温文研ホームへ 長野県別リストへ
inserted by FC2 system