温泉文化研究所(HOME) 》 長野県県別リスト 》 別所温泉


別所温泉

  別所温泉は信州の鎌倉とも称される歴史と温泉文化の町です。温泉街には古刹、名刹の類が点在し、また湯量豊富な硫黄泉は共同湯や公衆浴場、洗濯湯や飲泉場など様々なところに利用されています。


別所温泉の歩き方
   別所温泉は緩い、なだらかなスロープに広く広がったように温泉街が展開していますが、上に行けば行くほどお店や旅館が増え、路駐が難しくなります。また、基本的に無料Pはありませんので、自分なりに止めやすい有料Pに止めましょう。ただし当研究所の移動研究室クラスのサイズとなりますと、なかなか難しいです。当研究所はいつも温泉の一番下手にある入浴施設「あいそめの湯」で入浴し、その後しばらく置かせていただいてます。


温泉街の風景
   これは本当に人騒がせな建物です。絶対ジモだと思いました。ところが・・・。
   中はこれです。組合員専用の洗濯湯でした。
 更に見つけました。洗濯湯です。
   よく雑誌に載るカットです。奧の正面の古刹の存在がわかるでしょうか。
 共同湯「大師湯」付近です。温泉街の丁度真ん中付近でしょうか。
  上田交通別所線の駅です。この私鉄はローカル私鉄の中でもかなり上位にランクされるひな美さではないでしょうか。
 慈光大師の源泉。飲泉場です。
  新しく足湯ができていました。ぴかぴかです。

別所温泉共同湯
相染閣  2008年5月より新施設に移行しました。値上げされて500円となりました。下記の画像はもう利用できません。 
大師湯   当研究所一押し。タイルの素朴な共同湯は柔らかな硫黄の香りと相まって共同湯ファンを魅了します。
石湯   真田幸村公の隠し湯の碑が建つ石湯。数年前に下水工事の際、浴室の大改造を行いおそらくはその名の由来であったろう巨岩石を半分以下の高さにしてしまい味が失われました。
大湯 すみません。ここだけがぞうがありません。


この温泉は2008年5月から「あいそめの湯」という新しい施設に生まれ変わりました。

相染閣
こちら浴室棟のみです。
シンプルなたっぷりの浴槽に贅沢に湯が注ぎます。
中央の湯口のモニュメントは岡本太郎さんチックです。


大師湯
   大師湯です。現在別所温泉で最もシンプルな共同湯だと思います。
美しいですね。
6時から22時 150円
湯船です。右の方にカランが3つあるだけでシャワーはなしです。硫黄の香りがします。


石湯
今も上田近辺に残る真田幸村の足跡。
  石湯です。以前の面影がなくなってしまい、改装してからは一度しか入ったことがなく、未だ湯船の画像も写していません。   スキャナーが手に入ったら、昔の写真のアップがしたいです。(ちなみに大湯も画像撮ってません)


温文研ホームへ 長野県別リストへ
inserted by FC2 system