温泉文化研究所(HOME) 》 長野県県別リスト 》 上諏訪温泉


上諏訪温泉
  上諏訪温泉は諏訪湖の右岸中央から下方に広がる大温泉地です。現在でも、ものすごい量の湯が噴き出していることで有名です。メディアなどで取り上げられる一番有名なスポットは、源泉では七ツ釜(間欠泉)、日帰り湯では片倉館です。最近では湖畔に足湯ができ、利用料が無料の上、見晴らしが大変良く、風よけがきちんと設置されているなど心配りも素晴らしいので人だかりができるほどの人気スポットとなりました。
  この様な上諏訪温泉ですが、実は日本国内では別府温泉(別府市)に続いて日本第2位の組合員専用共同湯(ジモ)数を誇る地でもあることはあまり知られていません。この上諏訪温泉の組合員専用浴場は市内の各ブロックに実に旨く配分されどの地区に住んでいてもどこかしらの共同湯に入ることができます。そしてそういった浴常数が非常に多いと言うことをふまえた上で語られるべき、ここ上諏訪を物語る最大の特徴それは、『上諏訪温泉は日本最大の統合源泉の温泉地である』ということです。統合源泉とは、例えば草津の湯畑などのように一カ所からわき出した温泉をそのまま何もせず目的の浴槽へ送るのとは違い、その地域の源泉全てを一旦集約センターに集めてから配当し直す方式を言います。メリットとしては特定の源泉が枯渇してもその周囲の浴場だけが被害を受けるということが防げますし、メンテナンスも集中してできるなどと言うことがあります。デメリットとしては折角源泉が近くにあっても一旦集約したものが送り直される事もありますので、時として湯の新鮮さが失われることがある、そして何よりも単純泉や硫黄泉などを混ぜて使いますので、湯の個性が失われがちであるなどと言うことがあります。
  そして、この統合源泉という方式、すごいのは上諏訪温泉では市の水道課が一括して管理していると言うことです。つまり、上水道を引くのと同じで、温泉水を普通に家庭に引くことができるのです。もちろんそれなりの維持費がかかりますが、住民の方々は共同湯の組合にはいるか、マイ温泉(自家泉)とするか、実に贅沢な悩みができるのです。(住民の方の話ではどちらもそれなりの料金はかかるので、ただ羨ましいばかりではないようですが)
  最後になりましたが、では上諏訪には組合員専用の共同湯ばかりで、当研究所が研究対象とする外来可能な共同湯はないのかというとそうではありません。わずか数軒ではありますが、是非ご紹介したい湯があるのです。


上諏訪温泉の歩き方
  この温泉地は一般的には片倉館や間欠泉周辺に車を置いて湖岸を歩き、足湯や間欠泉入浴(なんとあの10メートルは吹き上げる間欠泉の真下に露天があり、水着着用の混浴で、家族水入らずで間欠泉が降ってくるのを浴びられます。いわば巨大な逆打たせ?)などを楽しむことになります。
  しかし上諏訪温泉の共同湯はこの近辺には組合員専用浴場しかありません。上諏訪温泉の外来可の共同湯は駅周辺と旧日赤病院周辺(現在は活き活き館)、そして神宮寺周辺となります。このうち楽しいのは旧日赤病院(活き活き館)周辺です。ここではその周辺を解説します。
  旧日赤病院というのは
小和田町の、今はもうない病院のことで現在は病院とは異なる公共の建物が建っています。(確か児童館のような物でした。活き活き元気館というような名前です。しかし未だに町中で道を聞くときには旧日赤病院と聞くのが確実かもしれません。)昼間なら車はここに置かせていただくのも手でしょう。しかし当研究所は歩きを楽しむ為に、清水町の諏訪のグランド(スポーツセンター内)に車を置かせてもらっています。(実際には非合法手段です、混んでいるかを見極めて置いてください。)高速の諏訪インターを下りて、旧20号まで行き、JRの上諏訪駅方面に進むと、清水1・2丁目という信号があります。これを左折して線路をわたると程なく左側にグランドが見えてきます。ここからずっと中門川(なかもんがわ)沿いに歩きます。途中「大和温泉」に寄るもよし、そのまま進み、「衣温泉」を探すもよし、実に楽しいのどかな温泉散歩が楽しめます。途中川沿いに、温泉ファンの方であれば、今では自家泉ばかりになって組合員が激減したことにより廃止されたゲキシブの「中門の湯」の湯小屋も見つかることでしょう。(今は物置として使用されています)
  ちなみに「衣温泉」はPを持っていますので、直接行くこともできます。(しかし「
衣温泉」に車で直接行ける人はこのHP見る必要ないかもしれません。それほど目印や看板がないのです)「大和温泉」は徒歩でしか行けません。先述の旧日赤病院跡地の公共物に置かせてもらいましょう。


湯上がりそば
  湯上がりにざるそば。上諏訪でのお勧めは上諏訪駅前(有名な丸光デパートのない方)の秋月食堂です。普通の店構えですが、ざるそばの味、安さと盛りは涙ものです。大ざる700円。


共同湯
片倉館   上諏訪で最も有名な日帰り湯。350円。プールのように巨大で、深い浴槽があなたを待ちます。
間欠泉センター   当研究所未湯です。間欠泉は外からも十分見れます。間欠泉を肌で感じたい人はどうぞ。
精進湯   小規模施設の普段着の温泉として考えれば上諏訪で最も有名な共同湯が精進湯です。源泉は上の2つと一緒なので、湯に大きな特徴はなく、雰囲気を楽しみます。
平湯  住宅街に埋もれた外来可の小さな共同湯「平湯」です。ここもPがない上、探す気にならないと見つけられないです。ここも源泉は間欠泉なので上諏訪をコンプリートしたい方向け。どこか一カ所で十分という方は大きい設備が整った場所ならば片倉館を、小さな共同湯という向きには駅から徒歩で行ける精進湯をお勧めします。
宮乃湯   上諏訪の諏訪大社上社近くにある共同湯です。上諏訪では大変珍しく統合源泉ではない、地区が組合で守っている源泉「神宮寺源泉」を使用しています。歴史に彩られた諏訪大社の門前地区の共同湯です。湯は無色透明無味無臭。
大和温泉   以前TV出演もしたことがある上諏訪の秘湯大和温泉です。正に裏路地系、ここを訪れた人は皆驚くことでしょう。この界隈は湯小路源泉や田宿源泉が多く含まれ、上諏訪でも一部の地域にしか見られない硫黄が香るエメラルドグリーンの湯となっています。下記の衣温泉と並び当研究所一押しです。
衣温泉   当研究所一押しの個人経営の共同湯。湯小屋の佇まい、湯の色、静かさ、あくまでもシンプルな浴槽、何をとっても感動することを確約します。共同湯ファンはここを訪問せずファンを名乗る事なかれ!!!
多門の湯   残念ながら廃止されました。本来なら衣温泉や大和温泉に並ぶ良い共同湯だったのですが。人が歩いて旅したであろう時代の甲州街道(国道20号)に面した、今では車でごった返している空間に存在するエアーポケットのような湯でした。
共同湯


温泉の風景
  作り物のような青さの空の片倉館周辺です。片倉館はこの様な古い石造りの建物をそのまま使った日帰り湯で、中はローマ風浴場になっています。浴槽の底は玉砂利で深いです。
  真冬2月の一場面です。噴水なのですが、吹く風が氷点下なので水がどんどん凍ってしまっていました。  
湖岸の風景です

  間欠泉です。この後ろに水着を着た人が潜んでいます。

  国道20号の脇にひっそりとあった多聞の湯の入り口です。今はこの小さな杭の看板はありません。
        内緒の画像。

   上諏訪温泉に83軒あるジモのうちの一つです。温泉巡りをすれば必ず目にはいることと思います。

   もちろん入浴はできませんので念のため。



衣温泉×5
美しい佇まいの衣温泉です。
  上の画像のタンク右の白スレートの部分が入り口です。中はこの様(左)になっています。この温泉は住宅街の中に埋もれるようにあり、観光ガイドなどにもほぼ載っていませんが、200円で朝7時から20時半まで誰でも入浴可の共同湯です。  

  200円。朝7時から20時半
      グリーン イン グリーン

  硫化水素臭がぷんぷんします。この温泉の歴史は古く、元々の脱衣所の分析表は大正時代になっています。(ただ源泉は残念ながら今は市の統合源泉を使用しており、分析表からは歴史の古さしか感じ取ることができません。)
湯小屋の天井の裏側です。味があります。
   下:湯の色もうっとりするような美しさです。エメラルドグリーンの湯が硫化水素臭とともにあなたを待ちます。   源泉は左に2つある内の右のカラン、ずっとひねりっぱなしだと激熱湯が注ぎ続け一人掛け流し温泉が延々と楽しめます。
  先述しましたが衣温泉は行きにくい温泉です。国道からは高速のICを下りた後国道20号を走り、先述の清水1・2丁目信号も過ぎて、諏訪の信号の一つ手前の角を左折することになります。(諏訪の信号まで行くと行き過ぎです)この左折した道が正しい道であればすぐに橋のたもとの衣温泉(最初の画像参照)に出会えるはずです。



大和温泉×4
  大和温泉の入り口です。恐らく初めての方はここまで来てもわからないと思います。再記しますが、行かれる方は旧日赤病院(現日帰り湯健康いきいき館)を目指してきて、車を置いたら必ず周囲の人に聞きましょう。上の画像の丁度中央付近にこの右の画像のような間口があります。この驚くような通路をくぐるとそこにおとうさんの番台と湯小屋があります。
  湯小屋です。私の背後に番台がありますがおとうさんは寝ていることもありますので、そういうときはお賽銭方式のつもりで220円払い(置き)ましょう。   正面のシンクは汲み湯場でもあり、この家の生活温泉でもあります。見えないかと思いますが、シンクのカランは硫黄泉が流しっぱなしです。この左の冷蔵庫は今持って謎です。
  浴槽はこの様な個性的なステンレスです衣温泉よりやや色の薄いエメラルドグリーンの湯が注ぎます。
  緑のホースが水。湯船側の蛇口が源泉です。
  洗い場も湯底もタイルで、縁取りがステンレスというのは珍しいのではないでしょうか。
  洗い場奧より脱衣所方向。
  オーバーフローさせたくて源泉全開で投入開始です。
  某ミニオフミの後、千葉県のKさんと一緒に秋の大和温泉を再訪。初めて曇りのないクリアーな画像を撮れました。グリーンが目にしみます。
  最後に裏に回り、湯小屋の外観を捉えました。湯気抜きはやはり風情があって良いです。



温文研ホームへ 長野県別リストへ
inserted by FC2 system