温泉文化研究所(HOME) 》 長野県県別リスト 》 安代温泉
大湯
開花湯


安代温泉

  安代温泉は渋温泉と湯田中温泉の間に存在する温泉です。特に渋温泉街からは歩いているといつの間にか安代温泉になってしまいます。それほど境目がよくわからない所です。共同湯は2軒、いずれも組合員専用ですが、宿泊利用すれば入浴可能です。また期間限定ですが、2007年頃より、「大湯巡り」なるツアーが催行されるようになりました。これは渋・湯田中温泉郷に点在する「大湯」と名の付く共同湯を全てはしご湯しようという企画です。これを利用すれば、安代大湯のみ入浴可能です。


安代温泉の歩き方
  安代温泉は渋温泉の有料Pに駐車して渋と一緒に楽しみましょう。但し、温泉の日帰り利用は出来ません。渋の三番湯のすぐ下の方に開花湯があります。温泉ファンならば少しだけ歩いて見学に行きましょう。更に歩くと大湯があります。(入浴は宿泊者のみ)


   共同湯
 安代大湯   旅館 塵表閣の前にあります。この旅館(まあ安代ならどこでもいいのですが)に宿泊すると入浴できます。大きな2階部分は中はどうなっているのでしょう。
 開花湯   大湯と渋三番湯の中間当たりに位置する隠し湯系の湯。周囲の見たまんまにすっぽりと収まっているため、実にさりげなく、逆に言うと当研究所の所員の方ならば絶対にやられる外観をしています。中も全てにミニマムです。


安代温泉 安代大湯
   大湯です。なにかイベントをやっており、どうどうと浸かれるチャンスに巡り会いました。一番上の画像がそうです。厳かな紅白幕が下がっていました。が、開錠されています。
  安代大湯の浴舎はユニークな造形をしており、男女とも入り口と脱衣所が左右に一つずつ計2個備わっています。ポストのある方が渋に向いています。
  上:湯船は小判を縦に2つに割った形をしており、そこに激熱湯が注いでいます。この日は源泉を外に出さないと大変な目に遭う温度でした。上の脱衣所は渋方面。

  
下:左の脱衣所は湯田中方面です。全体にタイル張り、下がすのこで使いやすかったです。
  上:新手法。シルエットにしてみましたが、あまりどうということもなく・・・・・。
  
下:これは結構旨く撮れました。特に手前のタイルの縁取りの色合いがビューティフルです。


開花湯
  同じく信じられない幸運ですが、旗日にあたり、何かのイベント(未確認です)で紅白幕が出ていて、入浴できちゃいました。
  この日は菖蒲湯でした。大湯・開花湯共に非常にレベルの高い共同湯で、こんな湯小屋と湯船に出会うと自然とその日一日が『黄金の日』と『黄金の思い出』に変わります。


温文研ホームへ 長野県別リストへ
inserted by FC2 system