温泉文化研究所(HOME) 》 長野県県別リスト 》 穂波温泉
大湯
元湯
西湯


穂波温泉

  穂波温泉は渋・湯田中温泉郷の中にあって、旅館数軒と共同湯3軒の、ひっそりとした温泉街の小さな小さな温泉です。更にこの共同湯3軒は宿泊者または組合加入者専用の温泉となっています。穂波温泉元湯は源泉のすぐ横にあり、雰囲気はとても良さそうです。


穂波温泉の歩き方
   穂波温泉はPがありません。普通車ならば路駐しかないです。また宿泊の人以外は当研究所お勧めの「長野屋食堂」で食事させていただく他は共同湯を外から眺めるだけでも楽しいという方しか楽しめません。
   
    
※穂波温泉の3つの共同湯は全て施錠されています。
     一般には入浴できません。


穂波温泉  ジモ(一般入浴不可)
西湯   穂波温泉の温泉街の一番川下あたりにひっそりとある共同湯。温泉街と言ってもこのあたりは穂波の集落と言うだけであたりは一般の民家ばかりです。また、引っ込んだところにあり車道沿いにもないので、探す気でいかないと偶然発見したと言うことは少ないと思います。
元湯   丁度温泉街の中央部分の四つ角にある元湯。横には源泉の汲み湯場もあり、湧いたばかりの湯に触れることができます。
大湯   元湯から川上へ徒歩一分。なぜこんな近くにというくらいの位置に大湯があります。通常大湯といえば源泉のすぐ横の湯元を指しますが、ここでは元湯と大湯が隣り合っていて、元湯が源泉(湯元)、大湯は元湯からの引き湯となっています。


西湯
   路地裏にひっそりとある西湯です。入れもしないのにわざわざ探していく人は、やはり物好きと言わざるを得ないでしょう。(笑)。
  この辺では珍しい、コンクリート一辺倒の建造物です。
   たまたま写真を撮っていたら後ろから洗面器を持ったおとうさんが来ました。お願いしたら中を覗かせてくれました。   ここの源泉がどこから来るのかだけ未調査です。


元湯
  源泉真横の大湯です。
   ここも中を見せてもらえました。なんと美しい色でしょう。どきどきします。
脱衣所です。


大湯
   大湯です。元湯からの引き湯です。ここもコンクリートでした。
   ここは縁が木造でした。共同湯は3つしかないのに全部湯船のデザインが違うというのはとても贅沢です。西湯のタイル、元湯の御影石調、そして大湯。いいですね〜〜。
  何となく湯量が豊富すぎて盛り上がっているように見えます。大海原に出たようです。
美しい。



温文研ホームへ 長野県別リストへ

inserted by FC2 system