温泉文化研究所(HOME) 》 熊本県県別リスト 》 杖立温泉

     

杖立温泉
  小国町は知る人ぞ知るスーパー共同湯の温泉銀座となっている場所です。東北の奧会津と同じく無人のほったらかし激安温泉があちこちにあり、温泉のはしごは本当に楽しいです。そして、その個々の共同湯の浴場としてのバリエーションや質の高さ、加えて湯の質の高さは他に例を挙げるのにつまるほどです。それほどに素晴らしいこのエリアを当研究所はお勧めします。
  杖立温泉は天瀬温泉のほぼ南に位置し、大分県と熊本県の県境ぎりぎりの熊本県側にあります。昔ながらの鄙びた温泉街は杖立川の両岸に広がり大きな温泉旅館から小さな旅館まで様々です。しかしここにおいて一番特筆すべきは迷路のような温泉街のあちこちに隠し湯のように共同湯が存在すると言うことです。これは本当に嬉しい発見でした。というのも杖立は関東で言えば「熱海」のようにやや「古豪」といったイメージが離れなかったからです。ところが実際には他のシブイ温泉地にも負けない共同湯の宝庫であるということがわかった次第です。
  ここには共同湯が豊富にあり、また浴場としてのバリエーションも多様です。川に面して天瀬のような露天共同湯もあれば、別府の隠し湯のような共同湯もありまた半ジモのような許可制の共同湯もあれば、立て直したばかりの立派系のものもあり、完全なジモもあります。一度は行って損のない杖立です。


温泉街の風景
  天瀬よりの入り口。こちらから入ると下の足湯等があります。
  こちら温泉街の中心部の河原。大きなP状になっており、大型車でも安心。非常に使いやすい温泉です。
少し戻って天瀬側入り口の足湯
  この足湯、そうは書いてあってもどうやって利用するのかちょっと悩みました。
  特にこちらです。座るところがないのです。歩行浴という意味なのでしょうか。
  上:温泉街を貫く細い路地がそのまま昔の『日田往還道』であったらしいです。その街道筋にはまた歴史がありそうな湧水がありました。江戸の昔から旅人ののどを潤したのでしょうか。

  左:Pのすぐ脇にある『御湯の駅』。こちら素晴らしいバリエーションの足湯関連施設です。
  まず、手湯にあたる『もみじの湯』。ネーミングも味がありとにかく工夫された施設だと思いました。全国の足湯の手本となるべきです。
同じく植物に由来するネーミング。
  足湯は高さも調整でき、これも他では見られないよい工夫です。
歩行浴。
  なんと調理も出来ます。足湯しながらサツマイモの地獄蒸しなどいいですね。
こちらより本格的な台所。
  湯汲みなのか茹で場なのかわかりませんでした。


  共同湯
薬師湯   薬師湯は杖立の温泉街の最も行きにくい所にある隠し湯系の共同湯です。実は当研究所一度行っただけなので温泉街の上手にあるという事(元湯のそばです)位しかアドバイスできません。ただ、こちら地元でも開放すべきか否かを未だ議論中のようでオープン時間にも普通に閉まっていたりします。当研究所も親切なコンビニのおかあさんに組合長さん宅まで連れて行ってもらって開錠して頂きました。杖立にはお薬師さん自体御前湯とここと2カ所ありますので、発見には『元湯そばの薬師堂』を探すのがよいです。
   7時から20時。200円。お賽銭式
御前湯   御前湯はPや足湯・元湯などと反対岸の一番奥にある共同湯です。ある意味一番歩かなければならない共同湯です。薬師湯と並ぶ裏路地系ですが、こちらは外観のみかなり真新しい建物に変わっており、きれいなちっちゃな共同湯となっています。お好みで薬師湯と選ぶと良いでしょう。もちろん当研究所は・・・・薬師です。(笑)。
   
7時から20時。200円。お賽銭式。
元湯   元湯はPから川沿いに直進した場所にあります。車でも行けますが、地元の方(特に旅館)に迷惑となりますので、指定された場所に車を置き歩きましょう。元湯は「天瀬温泉」の共同露天のようにかなり開放的な露天風呂です。浴槽の前によしずが掛かっていますが前の道路が車も走行可の上、「とりあえず様子見」派が相当数いて、のぞきに来て入らないという方々がたびたび来ると落ち着かない時が多いかも知れません。その上湯船は天然の大岩をそのまま利用した物で平らに座れる所がなく、それがワイルドでいいという方もいれば、座りにくくて落ち着かないという方もいます。まあ、一度は話の種に行くべきでしょう。  
   24H。無料。
第二自然湯   第二自然湯はPの目の前にあるジモです。ここの営業形態は全く不透明で、外来可なのか、半ジモで許可制なのか、完全なジモなのかもよくわかりませんでした。当研究所内部を見学させて頂くにとどめました。
  
※この温泉は取り壊されました。
流泉湯   流泉湯は杖立で最も温泉ファンの心をくすぐる共同湯です。こちらは半ジモの許可制となっており、組合に加入されている方(鍵をお持ちの方)の許可が下りれば200円支払うことで入浴できます。しかし何時行ってもオーケイというわけではなく営業時間なども存在せず、許可が降りない時もある、そんな共同湯です。しかしこの流泉湯付近から遠目にこの共同湯の外観を一度でも目にしてしまったら、少々の犠牲を払っても内部を見たくなるのが真の共同湯ファンという物です。
さくら湯   こちらは第二自然湯よりもPに近いジモ。ここは本当にジモらしく視界に入っていても普通に気が付かないかも知れません。そんな共同湯も入浴方法があるらしいのですが・・・・・。
無名の湯   温泉街から外れた区域にある完璧なるジモ。最も九州らしい看板も何もない木造のジモでよほど鼻が利く方でないと見つかりません。・・・・・と書けたのは昨年まででとほほ。なんとなんと昨年廃止されたそうです。全開訪問時無理してでも入浴していたじいちゃんに見学を申し出れば良かった。『また来年来よう』と思ったのが縁の切れ目でした。

     
この温泉は廃止されました。
ぽんぽこ温泉   御前湯に向かう路地にある温泉。全く謎の施設で看板があるけど実体はよくわかりません。当研究所朝と昼に2度行きましたが結局開きませんでした。



薬師湯
  日田往還道はこのようなきれいな階段になっています。上の木造の建物が薬師様です。
  この扉に鍵が掛かっていたら階段を上に上がり車道に出て人を捜し、入浴したい旨伝えましょう。後は運です。(というか運のいい人は扉が開いてます)
  周囲をほとんど囲まれた建物なので脱衣所など全体にかなり暗い感じです。しかし浴室に扉を開けると温泉バカを照らす光明が・・・。本当に仏様から指す後光のように感じました。
  美しい。このシンプルな湯船だけの造形。浴舎の外観からも誰がこの空間に湯船と湯が存在し、温泉を楽しんでいると想像しうることが出来るでしょう。これだから共同湯ファンは共同湯を求めるのです。
  奧側から脱衣所方向。この一体型こそ共同湯の原点です。
  タイル地も浴槽の縁もなにもかも良いです。
  気持ちいいです〜。お約束のオーバーフローを何度もしました。体をどぼんと沈め、ざざ〜と湯を溢れさせる。これほどの贅沢な瞬間があるでしょうか。


御前湯
  Pから橋で対岸に渡り、温泉街の中央を山の手に行くとこちらにも薬師堂があります。
  この薬師堂まで来ると本当は来すぎですが、まあ、境内に湧水もあるしこの手の観光ポイントは押さえるべきです。
   上:境内の湧水『長命水』です。入浴前でも後でもごくごく飲みましょう。   下:やっとたどり着いた御前湯。杖立で一番小さな共同湯です。脱衣棚が4つしかなく、湯船は大人2人用です。
  こういう小さな共同湯は本当に良いです。
  ところがが〜〜ん。なんと清掃直後でした。こういう大きな温泉街だと勝手に観光用共同湯(つまり朝から晩までオープンしていて中断時間など無い、閉店後に掃除する施設)だと思ってましたが、別府の共同湯ばりに生活温泉のようでした。
  3時間後に再訪。やりました。どうやら一番湯のようです。
  外観同様全てが近代的でした。
   しかしこの小ささいいです。




元湯
  この看板のところで車を置きましょう。
  看板の通り数百b川沿いに歩くとここに出ます。
  こちらよしずはあっても段差によって丁度目線に湯船が来てしまうため、とにかく人が来ると落ち着きません。
  このように自然の岩をそのまま利用したところに湯が注がれています。
  幸い今日は貸し切りでした。
  左手の岩肌がわかりますでしょうか。
  このような自然の岩そのままなのです。




第二自然湯は取り壊されました。

第二自然湯
  アル意味一番正統的なジモっぽい所なのですが。
  絵に描いたような湯気抜きと湯小屋です。
  湯船です。確か女湯から入りました。みなおおらかなのでしょうか。この後流泉湯も同じ目に。
  このおかあさんに入れてもらいました。
  石が美しいです。この2枚の内どちらかが女でどちらかが男なのですがもうわからなくなってしました。ただ、湯底の模様が違うのだけが記憶にありました。
  こちらの方が美しいでしょうか。
  本当は入っても良いと言われたのですが遠慮しました。




流泉湯
  Pの対岸にある美しき共同湯・『流泉湯』です。こちら本当に共同湯ファンの気持ちをくすぐるもので、風流なネーミングといい、隠し湯のようなまた仮設湯小屋のような味と良い全ての当研究所の所員にお勧めします。
  こちら男湯の入り口。湯小屋は左右対称で女湯の入り口は正反対の場所にあります。

  そしてこの後、地元の方に声をかけるわけですが、思いも寄らないハプニングに出くわしました。それは鍵を持っている方が女性だったのですが、この浴場大変珍しい男湯と女湯の鍵が違うらしく、女湯から入ってくれと言うのです。中に入って男湯と女湯は鍵も付いていない扉一枚で隔たって居るのはわかりましたが、入浴中に女性が来たら、出られなくなってしまうのでは?と感じるのは私だけではありますまい。
  結局、地元の方が言うには「今は清掃時間だからあと2時間は人が来ない、だからゆっくり入って良いんだよ」と言うことでした。しかしそうはいってもとにかく女湯を通らないことには出られないと言うのはかなりのプレッシャーです。
   ここは次回もっとゆっくりしたいです。このシンプルな鉄板スレート、脱衣だな、すのこ、男女の間仕切りの白スレート何をとっても良いです。
男湯。
肌触りの良い石でした。
析出物がびっしりでした。
   女湯から男湯方向。木組みもなんともシンプルです。


さくら湯・無名のジモ・ぽんぽこ温泉
  こちら完全に周囲に埋もれた共同湯。
  完璧にジモです。
  この浴場は入浴できないまでも中を見てみたかった。

  
このジモ泉は廃止されました。
謎の施設。




温文研ホームへ 県別リストへ


     

inserted by FC2 system