温泉文化研究所(HOME) 》 別府温泉組合員専用共同湯(ジモ泉) 》  NO.J6 上野口泉


注意! この温泉は通常は入浴できません。
  別府温泉では毎年4月初旬に温泉祭りという名前のイベントを実施し、その一環で通常は組合員以外は入浴できない「外来不可」の温泉を無料開放してくださっています。利用する方はマナーを守り、このイベントが末永く続くよう地元の方への感謝の気持ちを忘れずにご訪問ください。





上野口温泉(3)
  大きなバス通りに面した立地にあり、市役所からわずか徒歩1分ほどという抜群の立地にあるにもかかわらず、非常に地味な感じの組合員専用共同湯が上野口温泉です。
  基本的に建物は大通りに面していますが、入り口はやや引っ込んだ場所にあり、また通り自体が比較的車速ののる区間の上、徒歩の方がついでに通りかかるということが少ない場所であるのが今まで注目されなかった原因なのではないかと思っています。
  当研究所は一番最初に別府を訪問した当時からこの温泉はそのこぢんまりした雰囲気から大のお気に入りの場所でした。もちろん数年前に祭りで開放される以前にお世話になっていたからこその発言です。別府の典型的な公民館併設温泉で、湯船が小さく洗い場が妙に広い、つまり入浴中は小さい湯船で非常に落ち着くのに、開放感はばっちりあるという温泉なのです。


2002年時の姿
  確認してみたら一番古いデジタル画像は2002年当時のものでした。
  下の2007年の画像とと比較してみても何も変わっていない様に思えます。
  確か師走のあわただしい時期だった気がします。


2007年時の姿
  祭りで開放される様になってから初めて行ってみました。   何一つ変わっているところがなく、安心しました。夜はそれなりに組合の方が訪問しておられ、いろいろな方とお話しできました。

  この広大なスペース。”これはまさに温泉界のセーフコフィールドや〜〜”   1時間ほど貸し切りでした。



温文研ホームへ 別府リストトップへ 県別リストへ
inserted by FC2 system