温泉文化研究所(HOME) 》 別府温泉共同湯 》  NO.66 地獄原温泉


地獄原温泉
  地獄原温泉は鉄輪温泉街のメインストリートである“いでゆ坂”沿いにある共同湯です。鉄輪温泉街は地獄巡りができる山の手のみゆき坂から始まり、「鬼石坊主地獄」を皮切りに「海地獄」「山地獄」「かまど地獄」「鬼山地獄」「金竜地獄」「白池地獄」(詳しくはこちらがみゆき坂沿いに連なります。みゆき坂を下りきるとバス通り(鉄輪バスターミナルがあります)となり、それを境に海側がいでゆ坂と変わり、今度は上人湯・渋の湯温泉などの共同湯と様々な旅館が軒を連ねて、地獄原温泉へと至ります。このまま更に下るとひょうたん温泉のある通りに出て、そこも渡って更に下ると「春の温泉祭りで開放される事のある共同湯・大師湯」へと至ります。(ちなみに2008年は開放されますので入浴可)
  地獄原温泉は独自源泉を引く共同湯で、別府らしい脱衣所一体式の施設です。その湯の濃さは当研究所的には、渋の湯温泉やすじ湯温泉と同評価の源泉を持っていると感じます。ただ源泉口に水道があり、どうもかなり多くの方が加水しておられるようなのがちょっぴりもったいないです。源泉枡にはひしゃくがおいてあり、そこから直接なめてみると塩化物温泉系源泉由来のナトリウムの味や複雑なミネラルの風味がして、湯の濃さを味わえます。カランには白い析出物がびっしりで、湯そのものは軽く青い様な緑がかっている様な色です。


地獄原温泉×
2008年1月再訪しました。
  2007年12月27日の様子。   こちら2002年12月の様子。
  地獄原温泉下手の観光駐車場。   源泉は86度。使用位置は42度(は微妙?どう考えても60度はあると思う)
  扉を開けるとすぐに脱衣棚。かなり小さいです。   湯船もこぢんまり。とても落ち着きます。


  気持ちの良い浴場です。   夜は人がきれません。




温文研ホームへ 別府リストトップへ 県別リストへ
inserted by FC2 system