温泉文化研究所(HOME) 》 別府温泉共同湯 》 No.47 向原温泉


向原温泉
  向原温泉は南立石にある共同湯です。ビーコンタワーから堀田温泉方面へ向かう県道沿いには“生目神社”がありますが、この鳥居からやや下った場所にあるコンビニ・ローソンの裏が温泉です。この界隈の温泉は「生目温泉」「西別府団地温泉」「向原温泉」と近距離に3つも共同湯がありますが、これが見事に全部“堀田”からの引き湯でありまして、湯小屋にはいると“プ〜ンと”硫黄の香りがする風情ある温泉となっています。
  向原温泉は昭和46年建設と言うことで思いの外新しい温泉のようです。また、別府の温泉にしては珍しく、2台程度ですが、大型車も駐車可能な駐車場を備えているのも特徴です。湯小屋は人がいるときもありますが、基本は無人のお賽銭式で、内部で箱に入れます。この温泉は元々傾斜地に建っていますので、脱衣所と洗い場(湯船)の間には最初から段差があり、半地下の掘り下げ式となっています。内部は脱衣所が横に平行に沿っているもので、市営の海門寺温泉にとてもよく似た形をしています。



向原温泉×
2008年1月再訪しました。
  この様に傾斜地に建っています。一番右端が番台さん。   その右が駐車場です。
  こちらは初訪問した頃の2002〜2003年当時。   実は最初は駐車場はありませんでした。植樹されていたのですね。いつごろPになったかは不明です。
  駐車場があるのはありがたいことです。   料金表。
  どこもこの様な掲示が目立ちます。どうも地元で組合契約を破棄してもなお従来通り入浴に行く・・・・つまり毎日ただ風呂というかたがいるようなのです。   ちょっとした場所にもお飾りや一輪挿しがあり気分が華やぎます。
  脱衣所一体式なので扉を開けるといきなり洗い場まで見晴らせます。   昔の脱衣棚。色が変わっています。
  1メートルほどの段差があります。   階段は狭い。
  全面がすのこで悪足裏が気持ちいいです。   角に一つだけある椅子もいい感じ。
  料金箱。面白いことに洗い場の方に突き出ています。   全体像。小さな画像だときれいなのですが・・・・。
  洗い場は4方とも大変狭くできています。   奥側の洗い場。


  やっぱり小さいとそれなりにきれいに見える・・・・・   角の源泉。
  壁の向こうは女湯です。   脱衣所からのアングル。

  大きくすると湯気が目立つ。   今回決定打が一枚もないので4枚全部・・・となっています。
  上:これは暗いし・・・・。   下:かろうじてこれ・・・・かなあ・・・・・。



温文研ホームへ 別府リストトップへ 県別リストへ
inserted by FC2 system