温泉文化研究所(HOME) 》 別府温泉共同湯 》  NO.30 上ノ温泉


上ノ温泉
  上ノ温泉はいわゆる市役所通り(正式には富士見通り)に面した西野口町の共同湯です。別府の典型的な温泉の一つで、駐車場はなく、徒歩や自転車による利用者が毎日欠かさず通ってくる様な地元に根ざした施設です。市役所通り(富士見通り)は片側2車線の道幅のある通りで、交通量もバスを始めかなり多いですが、そこは共同湯王国・別府のこと、この通り沿いには上ノ温泉の他に海側から順に「弓ヶ浜温泉(組合員専用)」「第一富士見温泉」「薬師温泉」と3軒もあり、上ノ温泉はじめどの施設も日常の喧噪からは切り離された癒しの空間として存在します。
  上ノ温泉は昭和の初めに設置された温泉と言うことですので、戦前から70年以上の歴史があるということになります。この界隈では前述の薬師温泉の他にお隣野口中町(といってもわずか100〜200bほどしか離れていませんが)の野口中央温泉など3軒とも同様の時期にスタートしたと言うことです。施設内部は隠れ家の様な雰囲気で、入り口は実は裏通りにもあり、番台さんの正面を左右に貫通した通路となっています。男湯女湯は番台の斜め前にそれぞれ扉を構え、それを開けたら女湯は小さな目隠しがありますが、男湯はいきなり浴室になっていて、一歩踏み込んでから脱衣棚が目に入ります。わずか数b脇を大型自動車がびゅんびゅん走り去る通り沿いの温泉とは思えない様なのんびりした、静かな空間です。


上ノ温泉×
2008年1月再訪しました。
  こちら市役所通り(富士見通り)側です。   こちら裏通り側です。トイレなどもこちらです。
  番台さんの窓口。不在の時はお金は筒へ。   女湯の扉前から市役所通り方向。
  市役所通り側が男湯です。   扉を開けるとこのようにいきなり浴室です。
  こうもストレートに中が見える共同湯も珍しいと思います。   こちらは初訪問時の2002年の様子。
  美しい青色のタイルです。   これも2002年。
  こちら2008年1月の様子。   全体に石に湯ノ花が付き、赤くなった様に見えました。

  結構寒い日で日中でも湯気がきれませんでした。   この浴場はなかなか良いアングルで撮影可能なのですが。



温文研ホームへ 別府リストトップへ 県別リストへ
inserted by FC2 system