温泉文化研究所(HOME) 》 廃止された温泉



廃止された温泉
  温泉の中には野湯は言うまでもなく温泉地や温泉街の中にあっても、実にあっけない理由で廃止されたり、移転になったり、建て替えられたりするものがあります。そのような温泉の中には思い出の中であっても、強烈な光を放つものがあり、2度と取り戻せないとわかりつつもついつい口に出してしまったりします。「あそこはよかったな〜」と。

    ここではそのような温泉の在りし日を追いたいと思います。

※ 上記の通り、このコーナーの温泉は現存している物は一つもありません。従って入浴はできません。


新潟県    銀山平温泉
   こちらは関東周辺でも希有な無料温泉でした。山中にひっそりと湧く温泉にしては立派すぎる施設で湯は流しっぱなし、湯が本格的に利用されるまでの仮設の温泉としては群を抜いたレベルの温泉だったと思います。
   湯はそれほど特徴のある物ではありませんが、魚用のプラの生け簀を利用した湯船は屋根を半がけしただけの露天風呂風で実に気持ちよく入浴できる物でした。現在は完全に撤去され、湯は近くの日帰り湯に利用されているとのことです。
この一番上の画像は脱衣所です。 下の2つの画像が男湯です。
   湯船は生け簀が3つ並べてあり、それぞれ温度が違いました。ぬる湯に入ったり熱湯に入ったり交互にはいるとずっといることができました。     ただ、湯船にはいるときには手前の木の板の所から行くのですが、これは結構不安定で怖かったです。加えて、温泉成分とプラの相性が良くないのか、とにかく中はつるつる滑りました。じっとしていてもいつのまにか湯船の傾いている方に寄ってしまっていました。


那須湯本 高雄露天風呂
   こちらは関東地方でも数少ない無料露天風呂でした。それも泉質的にも眺望的にもロケーション的にも何をとっても、全国のあまたある無料露天(例えば別府鍋山の湯など)と比較しても堂々と勝負できる温泉でした。
   元々宿泊施設があった場所に源泉だけが生きていて、後は何もなくなったというのがこの場所でしたが、そもそもオーナーのご好意で開放して頂いていました。しかしこの度きちんとこの湯を利用した施設が建つそうです。
   湯は赤川温泉も真っ青というくらいの硫黄泉で、湯船が三段式になっており、この画像は上から2段目のものですが、最上段の湯船は足下自噴で全くの無色透明、2段目3段目は逆に真っ白または青白という感じでした。一度服に付いた硫黄臭は洗濯機で洗っても2週間は落ちないと言う物でとにかく良い温泉でした。
この上の2つはどちらも2段目の湯です。 下の2つの画像は一番下と上からです。
そしてこの下の画像は一番上の透明な源直湯です。 更に下は、2段目の湯船です。一番好きでした。



 河原の湯っこ  (秋田県)
   河原の湯っこは坂本さんの「超秘湯」を見て行きました。秋田県の大館市付近に花岡という集落がありますが、この付近の大きな鉱山が試掘か採掘の中で掘り当てた温泉と言うことでした。源泉はややぬるめでしたが、この仮設っぽい湯小屋は素晴らしい風情で、小さいながらも男女別に分かれた浴室は、正方形の湯船の上部空間についたてを置いただけの物でした。    手作り感が溢れ、本当に入浴が楽しい温泉でした。画像は最後に秋に行ったものです。この翌年にきちんとした共同湯として生まれ変わり、現在は200円の花岡温泉となっています。現在でも比較的ハイレベルな共同湯と言えますが、この画像を見た共同湯ファンならば、どちらを高評価するか自明の理です。






轟温泉 小屋っこ湯  (宮城県)
   小屋っこ湯は鬼首温泉郷の轟温泉内にある無料の湯小屋でした。やや泉温が低いものの地元の方に大切に管理されていましたが、混浴で24H、無料であるが故なのでしょうか、マナー低下が著しくついに廃止されたと伺いました。    手作り感が溢れ、また仮設浴舎のようにも見える湯小屋は風情があり、本当に入浴が楽しい温泉でした。画像は最後にGW時に行ったものです。背後の山の残雪がものすごくここから鳴子方面に引き返した記憶があります。



上諏訪温泉  中門の湯 (長野県)
上諏訪温泉はおそらく日本で最大の統合源泉の温泉地と思われます。市役所の水道課で泉源と湯を管理しており、上水道を申し込むのと全く同じ手続き、感覚で住民の方は自宅に湯をひけます。(ただ維持費は想像以上に高価のようですが) しかし、やはり維持費はそれなりにするようで、自宅に温泉をひかれない方の為にこの様な共同湯が市内各所に設けられています。
この中門の湯は上諏訪温泉を散策していて見つけました。一瞬立ち止まって見とれてしまうほど風景にマッチし、またバランスのとれた美しい造形をしていました。左右対称に設置されたサッシ、形良く置かれた湯気抜き、板壁の風合い、質感すばらしいです。かなり、興奮して、滅多にやらないピンポンをしました。ご近所の方のお話ではこの界隈では皆市から源泉を分けてもらい各戸への引湯がほぼ100パーセントになってしまって、共同湯の組合加入者がいなくなってしまたのだそうです。私が訪問したときからさかのぼって一年くらい前から使用されなくなったとのことでした。湯が満たされた湯船を見たかったです。最も廃止が悔やまれる一湯です。



上塩原温泉 いさきの湯(栃木県)
   いさきの湯は、かつて塩原で唯一の一般可の内湯共同湯でした。しかも24時間無料開放であり、本当にかけがえのない存在でした。湯小屋は男女別になっており、トイレまでそなえた、超A級の共同湯でした。廃止に関してはマナーが悪かったせいだという人もいますが、地元の人の中には、最初からこの共同湯は期限付きのもので、現在の「華の湯」が完成と同時に廃止になったという人もおり、実際の所はわかりません。
   湯船です。いつも夜に入っていたので、きちんとした写真が一枚もありません。これは珍しく早朝に行った際、清掃直後に当たったため、湯を貯めているところです。周囲も明るく、比較的見やすく写っていました。



歳市田共同浴場(青森県)
   青森県某所にありますこの共同湯は私が発見したときには正面の旅館の源泉トラブルにより、配湯停止、自動的に廃止されていました。たまたま走行中に見つけたレアジモだっただけに大変残念でした。湯元の旅館のトラブルとは源泉の縦穴にモーターその他の温泉揚力機材いっさいを落としてしまって修復する財力がないということでした。直接旅館から聞いたわけではないので合っているかどうかはわかりません。
    このようにきちんと看板があり、味のある佇まいの共同湯はなかなかないのですが、残念です。



???温泉
  この温泉も無くなったときには目の前が真っ暗になりました。   個人宅のお庭に無料で開放されていた露天風呂です。湯は濃いめのモール泉でした。


湯野上温泉(福島県)
  ちょっと気が早いですが、ここ無くなるそうです。
(平成21年5月現在)
  ここは正直廃止対象になるとは思っても見ませんでした。


田代元湯(青森県)
  この温泉はれっきとした旅館ですが、やはり廃止されました。   まもなくダムの底に沈もうとしています。



滝野沢温泉(秋田県)
  ここも宝石のような温泉でした。山中に開放された無料の共同湯・滝ノ沢温泉。今もやっていれば、フンベ、薬師と並び、恐らく日本一の共同湯になっていたことでしょう。   ぬるい湯がふんだんに注ぐこの温泉は周囲に何もない林道の途中にあり、この共同湯前で車中泊すると本当に天国に一番近い場所なのでは?と思えました。



???温泉(北海道)
  ここも楽しい場所でした。源泉は99度あり、本来サンダルで近づいていい場所ではないのですが、本当に無知でした。   放流されている湯の横に大きな湯船があり、入浴可能でした。


奥日景の湯(長野県)
  まだ河原に湯船のあった時代のスチール写真が出てきました。   1995年となっています。懐かしいですね。


???温泉
  ここもいつの間にか無くなっていましたね。   なんだかもの悲しくなってきてしまいました。


四万温泉  御夢想の湯(群馬県)
  建て替え前の浴室です。   木の感触が優しい一人用の湯船でした。


亀川浜田温泉(大分県)
  同じく建て替え前の営業中の亀川浜田温泉です。   このころは50円で入浴できました。


山田温泉  滝の湯 (長野県)
  同じく建て替え前の山田温泉・滝の湯です。   この頃も宿泊者は鍵を借りられましたが、当研究所は未湯のまま、新世代浴舎に移行しました。


???温泉
  あり得ない偶然が重なり、入浴させていただきました。   でも・・・、未だにこの温泉がもうないということが受け入れられません。


???温泉
  この温泉も未だに無くなった実感が湧きません。   入浴する努力を惜しんだ末の未湯が悔いが残ります。


???温泉
  ここも湯が枯れたとか。   間違いであって欲しいです。


成川区共同温泉 (鹿児島県)
  この温泉ももうないとのこと。   ここはもう一度行きたかったなあ。



温文研ホームへ




inserted by FC2 system