温泉文化研究所(Home)  》 B級グルメ








B級グルメとは?
   当研究所のB級グルメは世間様の物とは少しカテゴリーがずれています。それは安さと量のバランスがとれていれば、たとえファミレスやコンビニのものでも評価すると言うことです。もちろんご当地物(郷土食)なども食べますが、やはりキャラバン中はあまりお金をかけたくないと言う気持ちが先に立ってしまうのです。


ガストのモーニング
  ガストと言えばファミレスの中でも低料金の典型的なファーストフードですが、モーニングだけは、わざわざ発表する価値があると考えています。
  ガストのモーニングは朝11時くらいまでやっています。基本的には和洋のメニューどちらもありますが、当研究所としてはやはり朝はパンとコーヒー派ですので、洋食で説明します。一番基本のメニューは「卵が目玉焼きかスクランブルエッグ」です。このほか、皿には適量のサラダが付き、食べ応えのある粗挽きソーセージがのってきます。厚焼きトーストかご飯お好きな物一つ、更にはドリンクバー、スープバーまで付いて、
500円前後です。これは本当に楽しい朝食となります。主食のパンはどれでも100円程度でお代わりもできます。朝からコーヒーを飲み、卵、ソーセージ、パンをたっぷり食べて温かいスープを飲んでこの値段です。今時コンビニでサンドイッチと缶コーヒー買っても400円は行くでしょう。当研究所の定番の朝ご飯の一つです。更に腹ぺこの方には「ボリュームモーニング」630円がお勧め。

  更に裏技を1つ。ファミレスのモーニングは朝6時〜というところが多いのですが、車中泊の場合、早朝に着いてしまったり、現地で寒くて寝られずまだ5:30だけどもう活動したいなどと言うときがあります。この場合店舗にも寄りますが、5時を過ぎていれば「先にドリンクバーだけ利用させて」というと大多数の店舗で6時まで店内で待たせてくれます。つまり、500円程度で食事とドリンクバー、スープバーまで付くモーニングを更に前倒しでやってくれるのです。私はよくこの頼み方をします。店側は規則で6時前には「料理」を出せないだけなので、ドリンクバー利用ならオーケーなのです。外で6時まで待って店舗に入る・・・・なんてまねをしなくてすみますよ。

  ガストのドリンクバーがリニューアルしました。(平成17年8月)。今まで、コーヒーが普通のブレンドとアイスコーヒーしかなくやや弱かったのですが、ここに『カプチーノ』『カフェオレ』『アイスカプチーノ』等が加わり、全部で5種類になりました。特にカフェオレはかなりおいしいと思います。この他、オレンジジュースが100lになったり、お茶の種類が増えたりとかなり贅沢な仕様変更があったのですが、ドリンクバー単体の値上げにもかかわらず(120円が180円に)、モーニングは値上げ無しでした。ますます威力をましたモーニング。旅のお供にぜひ。


ステーキガスト 
  またまたガストがやってくれました。基本肉料理を頼むとあとはお金がかからないガストなのです。まずサラダバー。キャラバン中はどうしても生鮮食品の摂取が少なくなりがちですが、肉や魚はどこででも食べられますが、野菜をたっぷりとなるとなかなか選択肢が少ないです。ここのサラダバーは野菜もたっぷり、フルーツも、ドレッシングもバラエティ豊か。
  次にコーナー内には
カレーのルー、ライスまであり、カレールーもお代わり自由です。つまりカレーライス食べ放題!。
  更に種類は少ないですが、パスタや野菜の煮物など、おかずも用意されており、白ご飯に盛りだくさんのおかずをつけて自分好みの定食風にすることも可能です。
  最初のハンバーグやチキンなどはやや割高に感じますが、それでも、一番安価なチキンステーキやハンバーグなら
1000円くらい。特にチキン類はボリューム満点でお勧めです。(ドリンクバーは200円。)


ステーキ1
  ステーキ1(ワン)はかなりマイナーなファミレスチェーンです。関西を中心にしているらしいですが、結構東北や北海道にもありますので、当研究所はお世話になります。
  ステーキ1の最大の特徴は、サラダバーです。キャラバン中はどうしても生鮮食品の摂取が少なくなりがちですが、肉や魚はどこででも食べられますが、野菜をたっぷりとなるとなかなか選択肢が少ないです。ここのサラダバーは野菜もたっぷり、フルーツも常時8種類くらい、ドレッシングも6種類くらい、またコーナー内には
フライドポテト(これがわざわざ別メニューでお金取ってもいけると言うくらいおいしいのです。)やスープ2種類、コーヒーゼリーや杏仁豆腐などデザートもあり、カレーのルー、ライスまであり、ライスもお代わり自由です。えっなんでライスがと思われる方もいるかもしれません。そうです。このステーキ1ではお金がかかるのは最初のおかず(例えばハンバーグやステーキなど)だけ、後は全てサービスで無料なのです。最初のハンバーグなどはやや割高に感じますが、それでも、一番安価なチキンステーキやハンバーグでも800円から900円くらい。後は全て無料です。夜、温泉巡りの後、昼もろくに食べていないような環境で入るステーキ1では、それこそ餓鬼のように食べまくってしまうのです。旅先で見つけられた方はどうぞお試しくださいませ。(ちなみに北海道では登別、東北では下北、関東では長野の戸倉上山田温泉付近で当研究所は利用しています)


ココスのモーニングビュッフェ
  栃木県に転居して見つけました。800円程度の料金で朝7:00〜10:00くらいまで朝食食べ放題です。(店舗により実施時間や曜日に差があり)。
  ガッツリ系のオカズが多いのですが、特筆すべきはパンです。なんと毎朝店内でその都度焼きたてをだしており、これがなかなかハイレベルです。特にクロワッサンがいけます。通常ファミレスのモーニングはトーストが多く、選べてもロールパンまであれば良心的な方ですが、ココスではクロワッサンやマフィンまで常時5〜6種類が食べ放題。おまけにトースターまで解放されているというサービスぶり。
  次にワッフルです。これもワッフルメーカーが解放されていて、自分で焼いて作るのですが、なんと!生クリームとチョコソースもかけ放題。スイーツ好きの方にはこれだけでも800円分の価値があるかもしれません。
  おかずは日替わりで、唐揚げ・ソーセージがどちらか一方(唐揚げは絶品です。沢山食べる方には朝のユートピアとなることでしょう。私は唐揚げ10個とライスで唐揚げ丼にしたことあり!)、スクランブルエッグ、カレーライス、野菜がたくさん入ったトマトスープ、サラダバーなどが常時用意されています。


ジョイフルのモーニング
   これまた、ものすごくローカル色の強いファミレスです。本社は大分。九州では圧倒的な強さのファミレスジョイフルです。
   ジョイフルは全て安いので、モーニングだけでなく昼も夜もお勧めですが、朝は朝の良さがあります。暖かいパン、目玉焼き2個ロングソーセージ1,サラダ、ドリンクバー、スープお代わり自由で
380円。朝から野菜も卵もしっかりと食べ、コーヒーをのんびり飲んで、コンビニの缶コーヒー一本とサンドイッチの値段と一緒。基本的に当研究所では朝食だけは九州ではジョイフルに入らなければ自炊です。外食ならジョイフルです。
  ※ジョイフルのドリンクバイキングもリニューアルしました。これがちょっと値段が上がっただけなのですが、実にコストパフォーマンスがよく、すばらしいものです。特にカフェモカが絶品。


かっぱ厨房  (※このお店は店舗数が非常に少ないです)
  最近発見したB級グルメ。100円均一でおなじみの回転寿司のあのお店がだしているお総菜レストランです。総じて安く和洋中いろいろなメニューが全てグラム売りです。基本的にバイキング形式で例えば唐揚げ一個だけと野菜炒めと肉じゃがを小鉢に一杯とご飯どんぶりに山盛りとかという感じです。だいたい我が家が奥さんと二人で食べても1000円で余裕です。味もおいしく、なにより好きなものを好きなだけ、しかもだいたい野菜と肉または魚をあえてある料理が多く、旅の途中にはやはり重宝します。夕飯が中途半端になり、結局コンビニやほか弁となりそうなとき、もし旅先で見つけたらためらわず入ってみてください。


デニーズのモーニング
  デニーズは、オールドファミレスファンには「コーヒーが旨い店」で知られる名店であります。もちろん料理もおいしいのですが、デニーズのモーニングのドリンクバーにおけるコーヒーのおいしさは「特筆」ものなのであります。特に「アイスコーヒー」がおいしいファミレスは皆無に等しく、コーヒー好きには朝のデニーズは避けて通れない場所なのであります。



温文研ホームへ
inserted by FC2 system