温泉文化研究所(HOME) 》 山梨県県別リスト

山梨県  温泉文化  レポート
  山梨県は東京同様、いわゆるモール泉と呼ばれる茶色から麦茶色の湯が多く見られます。ただ東京と異なっているところもあって、それは同時に茶色い炭酸泉であることも多いということです。更にその麦茶というかほうじ茶というかという茶色の湯にアブラ臭や硫黄臭などいろいろな香りがして個性的です。しかし、そういう個性泉が見られる山梨県の日帰り湯の営業形態はというと当研究所のメインテーマである「当研究所が定義する共同湯」は今のところ発見できていません。よって山梨県内における主な研究対象は温泉水使用の掛け流しの公衆浴場や立派系であっても手頃な値段の日帰り湯と言うことになります。


ほったらかし温泉

   ほったらかし温泉は数年前から口コミで有名になった露天風呂メインの日帰り湯です。およそ当研究所のテーマからは離れている温泉のようですが、実はオープン当初は知る人ぞ知る秘湯と言うことで入浴したことがあると言うことがステイタスになっていたような時期もあったほどです。私はあまり山梨県に訪問のチャンスがなかったので、今までずっと文字通り「ほったらかし」になっていましたが、今回やっと他の甲府市の温泉との絡みで行く機会を得ました。そしてやはり良いものは良いとの結論に至りました。もしまだこの温泉を知らない方いましたらぜひご参考にしてください。


ほったらかし温泉の行き方
   ほったらかし温泉はもちろん山の上の単独施設なので、歩くことには無縁です。Pまで車で乗り付け、即入浴できます。500円です。中央高速のインターは登りと下りで最寄りが変わるので、とにかく笛吹川フルーツ公園に行きやすいように下りてください。公園に着いたら公園の敷地内に入るように左折し、公園内の車道をわき目もふらず登り方向に進みます。途中立派な温泉宿泊施設やこれかと思わせる別の日帰り湯もありますが、それも無視、最終的にコンパクトカー以外はすれ違いも困難な山道(舗装路)にでますが、更に上昇、とにかく行き止まりまで行ってください。平らになったら温泉着です。


ほったらかし温泉
500円。
11時から22時
   ほったらかし温泉は最初、本当に露天風呂のみでオープンしたそうです。現在の施設は料金口向かって右側の温泉がオリジナルの露天。向かって左が新露天でこちらの方が巨大だそうです。また、現在では旧露天の方も内湯ができ、上がり湯も浸かれ、シャワーもきちんとしていて、悪天の日も心配ありません。そしてここからの見晴らしは天候が良ければ昼は甲府盆地を望み、更にその後ろに武田信玄も毎日見たであろう富士山を、また夜間には蛍のように瞬く、超一級の夜景を見ることができます。
  正に天空温泉の名にふさわしい景色です。本当に空に浮かんでいると錯覚してしまいそうな景色が見られます。しかし今回の訪問ではこれだけの好天に恵まれたにも関わらず、雲一つ無いのは甲府盆地のみで富士山は見えませんでした。



  ほんのわずか顔を覗かせた富士山。でも山頂が見えなければ富士山とわかりません。
  上段2つ上の画像の木枠の露天の下にはこの上の画像の岩風呂露天があります。この二つと内湯に入れて500円、しかもこの景色ならまあ、当研究所の厳しい基準でも合格ラインでしょう。
  入り口でどちらかの選択を迫られます。こっちの湯が上の画像。あっちの湯とは新しい施設でまだ未湯です。
  上段の風呂はこの様に並んでいます。すばらしい晴天に恵まれました。8月の下旬です。
   内湯です。すぐ横に湯小屋が建っています。シャワー付きです。シャンプー等もあります。
  ちなみに内湯はおそらく循環です。まあ、良くても半循環。しかしカルキは全くにおわず悪い気はしません。何よりここは景色や雄大さでいやされるところです。仮に循環だとしてもここは掛け流しではないからと云々言うのは、当研究所の役目ではありません。当研究所は間違いなく第一級の称号を与えます。


※以下のレポートの草津温泉公衆浴場は2007年には完全新築による改装を行いました。
今は新施設で営業中ですので、画像の湯船などにはもう浸かることができません。(2007年12月)

草津温泉

  正しく当研究所の本領発揮の第一級の公衆浴場です。甲府市の住宅街にさりげなく存在し、掛け流しでものすごくぬるぬるの個性的な湯で、なまめかしい透明感はいつまでも出たくなくなります。たぶん水風呂だと思いますが、割と大きな浴槽もあり、夏も交互に入りながら長時間楽しめる正に生活温泉の公衆浴場です。350円。

草津温泉
   草津温泉の看板です。なぜ草津なのか聞いてみましたが番台さんに座っていたのはオーナーではなく、オーナーに聞かないとわからないとのこと。でも、お隣の長野でも明らかに名湯草津温泉にあやかってつけているところもありますので、深い意味はないのかもしれません。
  しかしいい天気に恵まれました。どこへ行ってもこの調子でこういうときイクシは本当にきれいに写してくれます。
  全く概観は普通の銭湯です。
   草津温泉全景です。手前は微温湯。奧がやや熱です。女の子が入っているのが水です。 ここは本当にぬるぬるする湯です。
  なまめかしい透明感の湯。奧の熱湯漕からも湯がきますが、中央からも供給されています
熱湯漕と水風呂。


※以下のレポートの碇温泉(寿司)は2007年には休業中とのこと詳細は不明です。(2007年12月)

碇寿司
  お寿司やさんが掘り当てた湯。食事と関係なく入浴できる。500円。逆に食事しても割引なし。
  露天は見晴らしがききませんが気持ちよいです。
   湯はお茶色ですが、硫黄の香りがしてユニークです。    湯の色が何とも良いです。


温文研ホームへ
inserted by FC2 system