温泉文化研究所(HOME) 》 山形県県別リスト


山形県 温泉文化レポート
  山形県は東北における共同湯王国です。浴場の総数においては東北では青森県に一歩譲ってしまうかもしれませんが、複数の共同湯・公衆浴場を持つ温泉街がある温泉地の数では単一の都道府県としては大分県長野県とも十分な勝負が出来ます。県内には外湯を楽しみながら散策できる複数の共同湯を持つ温泉街(外湯の町・はしご湯の町)が10近くもあり、温泉ファンを魅了します。そしてそのほとんどが驚くような低料金であり、更に湯は循環など考えつく事すらあり得ないシンプルな掛け流しとなっていて2度3度と行きたくなる所ばかりなのです。




当研究所が考える共同湯と公衆浴場について
   
   当研究所ではあえて共同湯と公衆浴場という言葉を使い分けています。法律的にはたぶんこの両者は同じものを指すのだと思います。しかし、例えばみなさんよくご存じの渋温泉の9つの共同湯など、明らかに「銭湯」もしくは「公衆浴場」と呼ぶには違和感がある浴場は存在すると思います。ではその境界線をどこにもうけたらよいのでしょうか。当研究所の私見では以下のように考えています。


   1.シャワーやカランが全くないか、あっても2〜3である。(特に洗髪や体洗いの時、浴槽から桶で直接湯を汲む施設)
   2.浴槽の大きさが大人6〜7人入れば一杯の大きさかそれ以下である。
   3.脱衣所と浴室が一体化して境目がない。
   4.利用料金が毎日の生活の中でレジャー扱いとならない金額(無料から400円以内)である。
     (たまの休みに500円以上出して骨休めに行く様なレジャー温泉をのぞくという意味です)


   上の項目の2つ〜3つを満たしていれば一応当研究所ではその施設を「共同湯」と呼んでおり、すべての項目を満たしていない、特に1.を満たさない浴場を「銭湯」もしくは「公衆浴場」と呼ぶことにしています。

                      
※その他に意味がわからない用語が多すぎると言う方は・・・温泉用語辞典をクリック!!


共同湯を持つ温泉街
温泉地名 概要 共同浴場数
蔵王温泉   知る人ぞ知る超一流の共同湯を持つ温泉街のある温泉が蔵王温泉です。この共同湯だけでも蔵王温泉は十分に魅力的なのですが、その上旅館やホテルなど宿泊施設にも個性的な独自源泉を持つところが多く、その魅力は本当に尽きません。湯は草津や須川温泉と並ぶ強烈な酸性泉で、硫黄のにおいが体に残る日本でも屈指の湯です。それ故あまりはしご湯ばかりしていると帰りが危なくなる(皮膚が弱い方は肌にきます)と言う危険な温泉でもあります。
     共同湯=6時〜22時。200円。(3軒とも同額)

    極上。お勧め。
上山温泉   東北地方にお住まいの方を除いてはあまり耳慣れない温泉かもしれませんが、実は山形で最高の7軒の共同湯を持つ広大な温泉街を誇る温泉地です。共同湯はすべて番台式で概ね100円均一。隠し湯系の共同湯から立派な公衆浴場まで様々なタイプがあり楽しめます。地方の温泉文化を伝える街としてたびたび新聞などでも取り上げられます。おいしいおそば屋さんがあるのも魅力です。一般にかみのやま温泉と呼ばれるエリアは山形市の南方10qに位置し、上山市役所やJRの上山駅周辺に展開します。しかしこの温泉はエリアが大変に広く、実はメインの場所はお城中心ですが、比較的離れた場所に「葉山温泉」「高松温泉」などの地区もあって、かみのやま温泉とはそれらを総称して言いますが、前述の通り、かみのやま温泉の100円温泉(公衆浴場)はおおむね駅とお城を起点にその周囲に点在しています。
     6時〜22時。100円。
(若干施設により料金の差異あり)
    極上。お勧め。
赤湯温泉   上杉のお殿様の温泉、御殿守りの湯があることで有名な赤湯温泉です。公衆浴場はすべて番台式で100円均一。こちらはかみのやま温泉以上に秘湯感がありますが、密かに優秀な掛け流しの浴場ばかりです。米沢より国道13号を北上、南陽市に入るとすぐに国道沿いに看板が出ます。どの施設も湯量がたっぷりで常に湯船を縁を洗って湯がオーバーフローしていくのが目で確認できる掛け流しの施設ばかりです。湯は軽い硫黄臭(卵臭)がして町中の温泉だからどうせ無色透明無味無臭だろうと先入観で訪問するとうれしい誤算に出会えます。
     6時〜22時。100円。(5軒とも同額)

    極上。お勧め。
小野川温泉   近年東北の「黒川温泉」を目指そうと言うことでたびたびメディアに登場するようになった小野川温泉ですが、戦略の是非はともかく2軒の共同湯はどちらもひな美系で美しくかつ風情がありとても良い感じです。中でも小野川温泉の代名詞的な共同湯『尼湯』はなんと小野小町ゆかりといいますからその歴史のほどがうかがい知れます。しかし当研究所的にはもう一軒の『滝の湯』のほうがお気に入りです。また最近(平成19年頃から?)新しく露天風呂ができたとも聞いています(当研究所は未湯)
     5時〜22時。200円。(2軒とも同額)

    極上。お勧め。
肘折温泉   湯治文化の粋を極める山形県の至宝・肘折温泉です。シブイ温泉好みの方には絶対お勧めの正に現代の秘湯です。歩くだけでも楽しい温泉街は、優秀な3軒の共同湯があるだけではなく、安価ではしごできる独自源泉の旅館の数々もあり、またその数々の施設を利用して湯治する方のための飾らない朝市や雑貨屋があるのんびりした時間が流れる周囲とは隔絶された山に囲まれた空間の盆地に浮かぶ桃源郷です。この温泉は新庄市の南西に位置する大蔵村にある温泉で、新庄から国道47号・458号と乗り継いでいきます。ちなみに山形市より寒河江を経由していくルートもありますが、こちらはかなり走りにくい道です。
     概ね8時〜18時。200円。(3軒とも同額)
営業時間はファジー
    極上。お勧め。
湯野浜温泉   日本海に面した海が美しい温泉。山形自動車道の鶴岡インターから海に向かって進むと有ります。ホテルのオーシャンビューの露天も良いですが、やはり当研究所のお勧めは共同湯です。海水浴場に近いだけあり、施設内には砂落とし場など他では見られない温泉文化も見られます。
     6時〜7時・10時〜22時半
      90円=上区公衆浴場
     250円=下区公衆浴場

    極上。お勧め。
あつみ温泉   同じく海にほど近い温泉ですが、山が海ぎりぎりまで迫っている地形のため、JRの駅からわずか1〜2キロ山側に入っただけなのに、完全に山の気配がする温泉です。この温泉は山形県とは言っても新潟県との県境に位置し、国道7号にて新潟の県境からわずか5qあまり、JRの駅で言うと1区間しか離れていません。共同湯は3軒ありますが、中で住宅街にある共同湯・「湯之里公衆浴場」は無人のお賽銭式の温泉で何とも言えない共同湯らしいほったらかし感が魅力です。
     6時〜23時。200円。(但し湯之里のみ14時〜22時)

    極上。お勧め。
東根温泉   共同湯と言うよりは公衆浴場が多い温泉。やや、交通量が多く、町歩きにはやや面白味に欠ける上、温泉街そのものが普通の町然としてしまっているのが残念ですが、『石ノ湯』『沖田湯』『巽の湯』の3軒は個性的な湯の素晴らしい共同湯・公衆浴場で当研究所内のランクは高いです。町中や住宅街に普通にある温泉ですが、まるで東京や横浜の黒湯銭湯の様な意外性のある“モール”の湯がかけ流されています。(但し湯は横浜の銭湯の様に本当に真っ黒というわけではなく、上等な玉露のような緑系の色です)
     概ね8時〜20時。150円〜300円。(料金は4軒ばらばら)

    極上。お勧め。
湯田川温泉   知る人ぞ知るシブくて鄙びの風情を持つ共同湯がある海に近い温泉。2軒の共同湯はそれぞれにあじを持ち、一軒は荘厳な湯屋造り、一軒は裏路地系の王道のちび共同湯で、どちらも絶対にお勧めです。
     8時〜20時。(但し9〜11は清掃)。
     200円。(2軒とも同額)

    極上。お勧め。
瀬見温泉   以前は2軒の共同湯を持っていた瀬見温泉ですが、一軒が組合員専用化し一軒しか利用できなくなってしまいました。が、温泉文化遺産たる「旅館喜至楼」の存在とともに深い温泉文化を持つ魅力的温泉街は健在です。この温泉、発見は鎌倉時代とも言われ、かの武蔵坊弁慶ゆかりとも伝わります。
     6時〜18時。100円。

    極上。お勧め。
赤倉温泉   共同湯は一軒ありますが、これが残念なことに組合員専用ということです。なので、ここでは旅館三の丞をリポートします。未だになぜピンポイントで旅館に寄ったのか覚えていませんが、名湯系の旅館として大変素晴らしいものがあります。湯舟の個性もぴかいちですが、旅館の方の対応も素晴らしく、宿泊しても間違いはないだろうと感じさせました。冬季のみ昼食をロビー横のこたつでとれます。(要問い合わせ)
     11時〜16時。500円。

    極上。お勧め。
0
銀山温泉   言わずもがなの銀山温泉。その温泉街の佇まいや様子は幾多あまたのメディアで紹介されていますので、ご存じの方も多いはず。共同湯が必見です。新庄市の東南。
     7時〜20時。100円。

    極上。お勧め。
羽根沢温泉   この温泉をご存じの方は東北の温泉ファンか、マニアの方ではないでしょうか。個性的な湯が光る羽根沢の湯を紹介します。新庄市の西。
     8時〜18時。200円。

    極上。お勧め。
山辺温泉   山形市のお隣の山辺町の公営温泉。個性的な湯に加え、立派系の公衆浴場というか日帰り湯なのに激安。つい先日まで210円でした。(今は300円。)
     6時半〜20時半。300円。

    極上。お勧め。
長井あやめ温泉
桜湯
  赤湯がある南陽市のお隣、地味な長井市にある温泉。自治体は地味ですが温泉は素晴らしい物で濃〜い鉄卵味の緑黄色温泉がたっぷりと掛け流されます。山の中腹感がある場所に立っているので、意外な展望も望め、また食堂も併設されていて食事もおいしいです。行き方は長井駅から駅を背にして南陽市とは反対方向へひたすら山を目指します。一番いけないのは県道9号沿いに『あやめ公園』を目指す事です。両方市営なのでネーミングが一緒ですが温泉は全然違う所にあり、看板もないのでご注意を。県道11号より山側で西根小学校よりも南です。最寄りの目印は万福寺。
     9時〜20時。300円。

    極上。お勧め。
櫛引温泉   櫛引町にある有名な温泉。赤褐色の海水より塩辛いかもしれない濃〜い湯があなたを待ちます。施設自体は立派系で外観からはあんな湯が満ちている施設には全く見えません。
   9時〜21時30分(21時まで受付)/350円
長沼温泉   同じく藤島町にある立派系の温泉。こちらも外観からは全く想像つかない濃厚なアブラ臭(露天でも感じるほどの香りです)の湯が満ちます。
ひまわり温泉   至極スタンダードな公衆浴場。東北はレベルが高い所が多いので関東では高い評価を受ける『安価で掛け流し』の温泉も東北ではこの他に湯が個性的とか極端に安いとか施設が豪華とかつかないと特記事項に何も書き加えられない悲しい事になります。でも全然ちゃんとした温泉なんですよ。
なの花温泉   日本海沿いらしい濃〜い塩味の温泉。こちらは道の駅に隣接しているので大変便利です。夜車を停めてじっくりと味わうといいと思います。
寒河江温泉   山形では数少ない当研究所、永久にロストした温泉。寒河江の駅前商店街の中にあった温泉で最初の年に行ったら定休日。次の年に再訪したら『区画整理に引っかかり廃業のお知らせ』が出ていました。悲しいです。
高畠温泉   山形では大変貴重なわずか200円の料金で高価な循環器を備えた塩素爆発泉(超爆。何でこんな事するんでしょう。掛け流した方がやすいのでは?
舟唄温泉   平地にある温泉としてはたま〜にある『なぜここで硫黄泉?』という温泉。グレーがかった湯はかなり濃厚な硫黄泉でしかも塩味。個性泉が温泉ファンをノックアウトします。

   6時〜21時00分・350円
新寒河江温泉   有名な寒河江町民浴場。外来の方は全て200円ぽっきりで入浴できるという涙ものの温泉。もちろん掛け流しの上、濃厚なモール泉タイプの湯です。
大堀温泉   赤倉温泉そばの普通の湯が溢れる湯宿。
天童温泉   大きな温泉街に様々な高級旅館が建ち並ぶ天童ですが、温泉街に一軒、外れた所に一軒それぞれ優秀な公衆浴場があります。特にはずれた場所にある公衆浴場は露天風呂付きなのですが、わずか300円の施設としては信じられない大きさです。また温泉街の内湯は今時わずか100円です。

現在入浴数
一般施設=およそ60軒 ジモ自家=1


温文研ホームへ 県別リストへ


inserted by FC2 system