温泉文化研究所(HOME)   》   新潟県県別温泉リスト


新潟県 温泉文化 レポート
  新潟県の温泉はどちらかというと個性的な湯の温泉が多く、色・香り・肌触りなどで何か一つ突出した特徴を持つ湯が多い様な気がします。
  逆に当研究所の研究対象となる共同湯の様なこぢんまりとした施設は他のエリアに比してはあまり多くはなく、それ故ご紹介できる施設も限られております。
  以下の施設をレポートします。


新潟県 温泉名(施設名) 所在地 概  要 利用時間 料金 備考
えちごせきかわ温泉郷
湯沢温泉
雲母温泉
桂の関温泉
関川村   えちごせきかわ温泉郷は新潟県最北部に位置する関川村を流れる荒川沿いにそれぞれ数軒の旅館が建つ温泉地が集まってできた温泉郷と呼ぶふさわしいエリアです。ここには、新潟県では大変貴重な「温泉文化遺産クラス」の共同湯が3軒も生き残っており、訪問する度楽しい場所となっています。 ?時〜?時 100円〜
150円
無休
別浴
六日町温泉
中央温泉

廃業・2011/04/01
南魚沼市   名前がややこしいですが、六日町温泉とは南魚沼市の六日町エリアにある「温泉地名」で、中央温泉とは「六日町温泉」という温泉にある「温泉施設名(共同浴場名)」です。つまり六日町温泉にはまだ他にも温泉施設がありますが、当研究所は共同湯である中央温泉をご紹介申し上げる・・・ということです。 10時〜22時 250円 無休
別浴
湯ノ谷温泉郷
芋川温泉 まんねん荘
魚沼市
湯ノ谷
  小出から国道352号線沿いに展開する湯ノ谷温泉郷の中の一番下流に近い一軒宿の温泉地。源泉35度のぬる湯が特徴でわずかに加熱して掛け流しで供されています。 ?時〜?時 500円 無休
別浴
湯ノ谷温泉郷
大湯温泉
魚沼市
湯ノ谷
  大湯温泉には旅館のほかには外来可能な浴場は存在しないのですが、ここには「洗濯湯」と「目洗い湯」があります。こういった温泉文化を当研究所は捨て置くことはできません。 24H 無料 無休
越後湯沢温泉
江神温泉浴場
湯沢町   越後湯沢駅東口の駅前温泉といっても過言ではない立地にある、駅徒歩2分の公衆浴場。当研究所が訪問した2003年には「300円で掛け流し」のすばらしい浴場であったのですが、現在はお約束の行政指導により、若干塩素が香るようです。しかし、立地といい、外観のB級感といい、越後湯沢では突出した浴場だと思います。 13時〜22時 400円 水休
別浴
下条温泉
みよしの湯
十日町市   こちらも駅近の秘湯。モールっぽい黄色の湯が注ぐ、ちい風呂の共同湯。駅の西方向、徒歩10分。 10時〜21時 500円 無休
別浴
柵口温泉 糸魚川市   柵(ませ)口温泉と読みます。山懐に入った場所にある温泉ですが、日帰りを受けるところが二軒もあって驚きました。このレポは柵口温泉センターに関するものです。 ?時〜?時 310円 無休
別浴
関温泉
朝日屋旅館
妙高市   燕温泉のやや下手にある意外に旅館がたくさんある温泉地。参加すると赤くなる、ささにごりの赤い湯ノ花が舞う湯が掛け流される。基本旅館がそれぞれ湯治宿風に日帰りを受けているようです。 ?時〜?時 500円 無休
別浴
燕温泉 妙高市   今やかなり貴重な存在となってしまった「整備された無料の露天風呂」がある温泉。しかも“黄金の湯”と“河原の湯”という二箇所もあります。温泉街から登山道を上がっていく山道の途中にありますので、原則、靴で行くことをお勧めします。 季節限定
オープン
6月〜10月
日の出〜日没
0円 混浴
月岡温泉
美人の泉
新発田市   神秘的なエメラルドグリーンがまぶしい、硫黄の香りがぷんぷんする湯の月岡温泉。旅館にも有名な場所がありますが、まずは「共同湯」または「公衆浴場」からと思い、美人の泉に入りました。噂通り湯の色は神秘的でしたが、湯は半循環?かなと感じました。 10時〜21時 500円
(2時間まで)
火休
別浴
松之山温泉
兎口温泉 庚申の湯
植木屋旅館
十日町市   薬湯で有名な松之山温泉という温泉地の中に兎口温泉はあります。本来松之山温泉には鷹ノ湯という共同湯(公衆浴場?)があるのですが、当研究所珍しく外観が渋そうだったので、初入湯に旅館を選びました。 ?時〜?時 500円 無休
別浴
蓮華温泉 糸魚川市   雲上の楽園。お手軽に行ける「山の温泉」としては日本一の景観を誇る温泉の1つでしょう。 10:00〜15:30 内湯と露天
800円
露天のみ
500円
6月下旬

10月下旬
内=別浴
露=混浴
糸魚川フォッサマグナ温泉
ホテル糸魚川
糸魚川市   駅前の秘湯。大糸線で糸魚川の隣駅の姫川駅より100b(フロントまで徒歩で行っても5分かかりません)の距離にあります。大変豊富な灼熱の湯が注ぐビジネスユースにも用いることができるホテル糸魚川が建っています。ややジャスミン茶色の湯に、アブラ臭まで関知できる個性湯。今回は旅の途次宿泊で利用しましたが、素泊まり6千円でした。ホテルのグレードを考えるとかなりリーズナブルとの印象を受けました。 10時半〜21時 1000円 無休
別浴
桂温泉 長岡市   JR長岡駅北東部5キロほどのポイントに位置する桂温泉はぷ〜んと硫黄の香りが漂うすばらしい泉質の温泉です。かつて新潟中越地震の折には建物が全壊し、わずかの期間でしたが、仮設の施設でも営業しておりました。地元の方の話だと、地震の影響で湯はより高温となり、泉質も以前よりよくなったと言うことでした。平成17年に新施設が完成し、今も営業を頑張っておられるとのことです。また行きたいものです。 10時〜20時 500円 月休
別浴

温文研ホームへ
inserted by FC2 system