温泉文化研究所(HOME) 》 長崎県県別リスト

長崎県 温泉文化 レポート
  長崎県は、何度か旅はしたことがあるのですが、温泉調査の方はしたことがありません。島原半島の雲仙温泉と小浜温泉の共同湯に惹かれる物があったので訪問しましたが、この2カ所以外は全くコメントできません。


長崎県 温泉名(施設名) 所在地 概  要 利用時間 料金 備考
雲仙温泉 長崎県
雲仙市
  雲仙普賢岳を中央に頂く島原半島には多くの温泉がありますが、雲仙温泉はその中でもひときわ強く輝くものを持つことで多くの温泉ファンに知られています。この温泉には魅力的な共同湯や日帰り湯があり、また宿泊の際にも料金抑えめの湯治宿から保養のためのホテル・旅館まで選択肢は広いです。湯は火山のそばと言うこともあり、白く濁った酸性の硫黄泉であり、レモン味の白濁湯に浸かることが出来ます。 施設によりますが、
7:00〜22:00
頃まで入浴可。
100円

400円
無休
別浴
小浜温泉 長崎県
雲仙市
  雲仙普賢岳の麓。海沿いの温泉。小浜温泉は激熱の源泉が豊富に涌くことで有名です。この温泉に今でも温泉文化遺産とも呼ぶべき「脇浜共同浴場」が存在していることを知ったのはいつのことだったでしょう?当研究所的には絶対に訪問すべくとの思いから2004年熊本県訪問時に無理矢理フェリーにての航路をプラスして訪問してきた次第です。現在もその姿は全く変わらず存在している模様です。 6:00〜21:00
(脇浜共同湯)
150円 無休
別浴




温文研ホームへ
inserted by FC2 system