温泉文化研究所(HOME) 》 熊本県県別リスト




熊本県 温泉文化レポート
  熊本県は、全国でも有数の、「温泉水100%の共同湯」王国です。西の横綱・大分県東の横綱・長野県と比してやや数で劣るものの、質においては十分ライバルと言えるでしょう。しかし劣るとは言っても元々東西横綱の大分県・長野県の共同浴場数は尋常なものではないので、熊本県の浴場数はやはり通常の他の県との比較から来る感覚からするとびっくりするくらいの数に上り、市街地から山奥にまでまんべんなく存在しています。特に熊本県の場合、世に出ていないジモ・自家泉も多く、共同湯研究の対象としては当研究所にとってある意味一番未知の発見が多い場所かもしれません。それに加えて様々なタイプの超一流の外来可の共同湯がそろい、行くたび発見と再感動があるところ、それが熊本県です。

阿蘇エリア 小国町周辺 泗水・植木エリア
山鹿・菊池周辺 天草・熊本市周辺 県南部エリア



当研究所が考える共同湯と公衆浴場について
   
   当研究所ではあえて共同湯と公衆浴場という言葉を使い分けています。法律的にはたぶんこの両者は同じものを指すのだと思います。しかし、例えばみなさんよくご存じの渋温泉の9つの共同湯など、明らかに「銭湯」もしくは「公衆浴場」と呼ぶには違和感がある浴場は存在すると思います。ではその境界線をどこにもうけたらよいのでしょうか。当研究所の私見では以下のように考えています。

   1.シャワーやカランがないか、あっても2〜3である。(特に洗髪や体洗いの時、浴槽から桶で直接湯を汲む施設)
   2.浴槽の大きさが大人6〜7人入れば一杯の大きさかそれ以下である。
   3.脱衣所と浴室が一体化して境目がない。
   4.利用料金が毎日の生活の中でレジャー扱いとならない金額(無料から400円以内)である。
     (たまの休みに500円以上出して骨休めに行く様なレジャー温泉をのぞくという意味です)


   上の項目の2つ〜3つを満たしていれば一応当研究所ではその施設を「共同湯」と呼んでおり、すべての項目を満たしていない、特に1.を満たさない浴場を「銭湯」もしくは「公衆浴場」と呼ぶことにしています。

   そして、同じ利用しやすい料金設定の生活温泉が沢山あっても、その性格が共同湯寄りならば、「共同湯王国」、公衆浴場寄りならば「公衆浴場王国」と呼んでいます。(上記参照)


                      
※その他に意味がわからない用語が多すぎると言う方は・・・温泉用語辞典をクリック!!


阿蘇エリア


  ゲキシブの温泉群がひしめく阿蘇山周辺です。当研究所的には阿蘇といえば、「阿蘇内牧温泉」に尽きますが、その他垂玉・地獄など名湯系の温泉も混在するのが阿蘇エリアの特徴です。
共同湯を持つ温泉地
温泉地名 概要 共同浴場数
阿蘇内牧温泉   熊本が全国に誇る共同湯の宝庫「阿蘇内牧温泉」です。外来可の隠し湯的な共同湯から、公衆浴場的な手軽な浴場、果てはネットに全く載っていない超A級のジモまで様々なバリエーションを見せます。ここのすごさは各浴場が皆、個性が違いながら一つ一つが全てスターの軍団であるという某スペインのサッカーチームのような特性を持っていると言うことにつきます。当研究所絶対の自信を持って阿蘇内牧温泉を推します。
                  
極上。お勧め。
御湯舟温泉   阿蘇の北東部に広がる一宮。そのすぐ上が産山村でこの村の役場のすぐ北側の山間に「御湯舟」という集落があり、ここに御湯舟温泉があります。マップ上で集落が記されている所を目指して走ると看板が必ず目に入りますので、迷うことはないと思います。美しい明るいグリーンの湯は温泉ファンならば必ず惹きつけられるはずです。
   9時から22時。300円。

    

小国町周辺エリア


  熊本県と大分県の県境周辺は極上湯の宝箱となっています。その内熊本県側は主に『小国町』と『南小国町』にゲキシブの温泉群がひしめいています。当研究所的には全てがお勧めといっても良い超一流の共同浴場銀座がこのエリアです。
共同湯を持つ温泉地
温泉地名 概要 共同浴場数
奴留湯温泉   熊本が全国に誇る足下自噴の共同湯「奴留湯」です。この温泉は24時間開放しっぱなしという噂があります。もし事実ならば、外来可の共同湯の中では日本唯一の施設かもしれません。正に霊泉と言ったイメージの湯は浸かっていると息苦しさを感じるほどで、体中に「何か見えないもの」をじわじわと注がれるかのような染み渡る感覚を覚えます。湯船そのものが泉源という文字通りの『足下自噴泉』は大変珍しく、しかもここは無人のほったらかし温泉なのですから。皆でマナーアップに努め、この素晴らしい温泉がジモ化や閉鎖の道をたどらないようにしたいものです
   
9時から21時。200円。
   (こちら多くの方がサイトで24Hをうたっていますが浴場には時間の表示があり、どちらが正しいのでしょう。当研究所夜中に確認に行かねば!)

  極上。お勧め。
山川温泉   国道387号で「奴留湯」を過ぎるとあっという間にこんどは山川温泉付近にさしかかります。山川温泉の集落は単なる民家の集合体なので、初めて行かれる方は「山川温泉共同浴場」はジモだと感じられる方が居るかもしれません。それほど、民家に埋もれた生活温泉なのです。ここは。
   
6時から22時。200円。
 
  極上。お勧め。
杖立温泉   天瀬温泉から国道212号を目指して南下。国道を更に南下し、熊本県境を越えるとすぐにあるのが杖立温泉です。こちら野球で言えば「古豪」に属す温泉で、昔の温泉雑誌にはよく載っていたのですが、最近は周辺の黒川などにやや押され気味ではないでしょうか。しかし杖立には当研究所のストライクゾ〜ンど真ん中の共同湯がふんだんにあります。当研究所の所員の方には間違いの無い温泉ですのでぜひぜひロストなきよう!
  極上。お勧め。
はげの湯温泉   国道387号で「奴留湯」付近から東に進路をとるとまもなくはげの湯と岳湯に至ります。双方ともとても近距離に位置する温泉です。はげの湯には渋めの共同湯が、岳湯には露天共同湯が一軒あります。
   7時から21時。300円。

  極上。お勧め。
岳湯温泉   国道387号で「奴留湯」付近から東に進路をとるとまもなくはげの湯と岳湯に至ります。双方ともとても近距離に位置する温泉です。はげの湯には渋めの共同湯が、岳湯には露天共同湯が一軒とジモが数軒あります。 
   
8時から21時。200円。(共同露天・白地商店へ支払い)
T温泉   誰がなんと言おうと日本一の共同湯ランキングがあれば間違いなく一位を争う、現世の奇跡とも言える存在がこのT温泉の共同湯です。この温泉、湯小屋は周囲と隔離された場所にあります。民家さえない、使い勝手から言えば共同湯としては生活温泉の用を為していない存在ですが、それ故に、未だ現代の秘湯として訪れる人を魅了し続けます。ここを訪問する方は必ずここを気に入る、そんな共同湯がここなのです。(今更ですがここは詳しい場所は書きません)
   
9時から21時。100円。
  極上。お勧め。
共同湯日本一!(当研究所比)
黒川温泉   いまや押しも押されぬ有名温泉地となった黒川温泉ですが、いまだ九州らしい、当研究所の研究対象として立派にレポートできる共同湯が2軒も残っています。このままずっと残って欲しいと思いました。
   8時から22時。100円。(2軒共通)
  極上。お勧め。
田の原温泉   黒川温泉の隣で本当にいぶし銀のような存在だった田の原温泉の共同湯でしたが、数年前突如源泉枯渇により廃止されました。しかし、平成18年1月現在の噂では源泉が復活したとの情報もあります。が、当研究所未確認です。
湯田温泉   こちら当初は温泉バカ以外には全く知られていない存在でした。坂本さんの超秘湯に載っていた湯船とも農業用の溜め池ともつかない湯溜に入浴する方が居たからです。(これが湯量は豊富なのですが温度がかなり低く夏場以外は入浴には適さないのです)しかし今では加熱の施設が出来、きちんと湯田温泉として利用できるようになりました。
   
16時から21時。(但し冬季は14時から)300円。湯夢プラザ。
満願寺温泉   様々な温泉メディアに実に情緒のある共同露天が紹介される満願寺温泉はほったらかし露天のランキングがあったら間違いなく日本一を争う存在です。熊本は浴場の軒数では大分に一歩譲りますが、極上湯があるという観点では十分に勝負が出来る御土地柄なのです。満願寺の3つの共同湯は全てにハイレベルで当研究所全ての共同湯ファンにお勧めします。
   
6時半から22時。200円。(川縁の露天)
  極上。お勧め。

    

泗水・植木エリア


  こここそまさにシブイという言葉が似合うのが泗水・植木の辺りでしょう。ある程度の九州温泉ファンにしか全くぴんと来ない地名の数々、それで居てどれもがB級感たっぷりのゲキシブの共同湯や公衆浴場となっていて、それらの施設がひしめいている温泉王国がここなのです。当研究所的には無人のほったらかし温泉である不二の湯などは本当に現代の秘湯であると考えます。
共同湯を持つ温泉地
温泉地名 概要 共同浴場数
宝田温泉   某国営放送の普段着の温泉でも放映されたこの温泉は地元住民専用の温泉と外来可能な温泉とが完全に棲み分けされているおもしろい温泉です。共同湯ファンであれば、地元住民専用の湯小屋は非常に趣のある物なので、裏手にまわって見学してみるのも一興です。外来可能な建物は「宝の湯」といい、200円の温泉とは思えない贅沢な公衆浴場です。湯、施設とも必見の価値有り。
   
7時から22時。200円。
  極上。お勧め。


(含ジモ)
あしはらの湯   植木町の田底小学校そばのこの温泉は国道3号より少し入ったところにある「(有)有働建設」敷地内の無人のほったらかし公衆浴場です。場所は目印になる物が少ないので、小学校付近で聞いていった方が確実です。この辺のお湯は基本的に長湯に適したぬるめの体に優しいお湯が多いので、のんびりと浸かることが出来ます。
   13時から22時。200円。
  極上。お勧め。
不二の湯   泗水町は本当に小さな自治体なのですが、個性的な公衆浴場がふんだんにある場所です。不二の湯は不二コンクリートの土管置き場に有る簡素な無人のほったらかし温泉です。泗水町は横に長く縦に極端に短いので南北に走る道路を走るとあっという間に泗水町を出てしまいます。逆に東西を走る道は細長いので長く感じます。不二の湯は一番西側の南北道路(泗水西小学校の横)の田島地区で不二コンを探してください。目印は亀の甲温泉の看板です。この看板の逆を行くと不二コンです。
   5時から7時45分と9時半から23時。100円。

  極上。お勧め。
植木温泉   比較的旅館が密集している感がある温泉街の中に植木温泉の公衆浴場『温泉センター』があります。また温泉街から離れた場所には激安の共同湯『松の湯』があります。この界隈は非常にレベルが高く、温泉街の温泉センターに200円で入れるのは、羨ましい限りです。
   
9時から22時。200円。(温泉センター)
辰頭温泉   温泉ファンにはおなじみの辰頭温泉。その湯のあわあわは、無色透明な湯のはずなのに一部白濁して見えるほど、泡の密度が濃くなっています。入浴すると「強アルカリ泉」かと錯覚するほど細かい気泡の性でぬるぬるします。この地方でははずせない一湯。
   
7時から22時。200円。
亜細亜旅情
温泉仮設浴場
  こちら期間限定のお試し用の仮設温泉でした。ここでレポートしているものは残念ながらもう入浴することは出来ません。現在は当初の予定通り立派な施設が建っています。
   この温泉は本施設が完成し、このレポートの施設にはもう入浴出来ません。
亀の甲温泉   上記の亜細亜旅情温泉からわずかに北上すると既出の不二の湯のポイントです。そこを亀の甲温泉の看板に従って不二の湯と反対方向に曲がるとあります。こちら200円ではいるには贅沢すぎる夜向きの公衆浴場で、泗水のレベルの高さをよく表している場所だと思います。
   
8時から23時。200円。

    

山鹿・菊池エリア


  『山鹿千軒たらいなし』という言葉をご存じでしょうか。これは「山鹿では湯量があまりに豊富なので洗濯の時にたらいで湯を溜めず、掛け流しのオーバーフローのみで洗濯が出来るほどであった」という意味らしいです。真偽のほどは別として、山鹿は1200年ほど前の平安時代の文献にも登場している温泉だそうで、その歴史の長さには様々な人と湯の関わりがあり、その中から生まれた言葉なのでしょう。そんなこのエリアには安価でシブイ浴場から湯が良い旅館まで様々な温泉があります。
共同湯を持つ温泉地
温泉地名 概要 共同浴場数
桜町温泉   山鹿の市役所の東に『桜町』という集落があり、そこに当研究所山鹿で一押しするゲキシブの共同湯桜町温泉があります。だいたいの行き方ですが、合同庁舎の前を通って桜町のバス停辺りを目指していってください。古い歴史を誇る山鹿温泉の中でも昔の面影を今に伝える唯一といっても言い、共同湯ファンなら間違いなくやられてしまうその佇まいは多くの言葉を重ねなくとも『行けば』わかります。
  
 5時〜21時半。150円。
  極上。お勧め。
旅館 すえひろ   下記の『さくら湯』は山鹿の中心にあり、シンボル的な役割を果たす巨大な公衆浴場ですが、そのさくら湯が入っているプラザ5というビルの正面に小さな小さな旅館があります。この旅館実に風情のある公衆浴場を併設しておりますが、その趣が隠し湯的な雰囲気で当研究所何とも言えない魅力を感じています。湯船は巨大ですがたっぷりの湯が掛け流され、またかなり湯温が低いので夏場向きで本当にゆっくりじっくり湯浴みできます。湯船が微妙に深いのも手伝って癖のない湯なのにかなりしっかりとした入浴感があります。お勧め。
   6時から10時と15時から23時半。150円。
  極上。お勧め。
さくら湯   山鹿のシンボル。役場を目指して国道を進めば嫌でも見つかります。Pが有料なのが(100円)玉に瑕ですが、150円とは思えない立派系の施設の公衆浴場です。また、利用時間も幅広く夜には最適です。
   6時から24時。150円。
上ノ湯   有名な観光地『八千代座』。その北側に上ノ湯があります。大型車は八千代座にPできます。(裏手)ここから税務署の方向に進むと目指す上ノ湯があります。途中日吉郵便局などで聞きましょう。安価な公衆浴場としては秀逸ですが、時間がやや利用しにくいのが玉に瑕です。
   15時から24時。150円。
熊入温泉   国道3号で山鹿の中心から北上すると1qほどですぐ熊入に近づきます。だいたいですが、八幡小のすぐ南辺りです。こちら巨大な浴槽のぬる湯の温泉で、天井も高くとにかく入浴感爽快です。
   
7時から22時半。150円。

  極上。お勧め。
平山温泉   熊入温泉から更に北西の平小城集落(ひらおぎ)を目指します。平小城小学校付近です。ここから左に行けば平山温泉センターが、北上すれば平小城温泉 城山公衆浴場があります。どちらも共同湯ファンにはマストな温泉です。絶対取りこぼし無きように。
   
7時から22時。150円。

  極上。お勧め。
平小城温泉   この界隈ではとにかくお勧めの公民館併設のほったらかし温泉。外観からは全く共同湯とわからず、建物にはいる時でさえ、知らなければとまどうことでしょう。(それほど、入り口も湯船まで途中の部屋なども只の集会所です)。極上の湯と極上の雰囲気があなたを待ちます。
   13時から22時。100円。

  極上。お勧め。
寿温泉   菊池温泉の温泉街に残る数少ない安価な公衆浴場。ちなみにここはすぐ近くに観光物産館があり、大型車もP泊可能で、とても便利です。湯は熱と適に分かれていますが、熱はかなり来ていました。
   
10時から22時。250円。
城乃井温泉   上記の観光物産館から温泉街とは違う方向(北)に歩けば城乃井温泉の看板がすぐ見つかります。Pはかなり大きく、大型車も問題ありません。城乃井温泉は宿泊も出来る公衆浴場で、時間帯も利用しやすくこういう大温泉地でP泊出来るのは嬉しい限りです。
   
6時から23時。250円。
後藤温泉   菊池市の市役所のやや南西付近にあるこの温泉はビジネスホテルと湯治旅館を合わせたような雰囲気の場所でした。当研究所こちらには大分と熊本を結ぶ中継地点として宿泊いたしましたが、何とも不思議な感覚でした。宿泊のレベルから言えば、温泉が宿泊客も公衆浴場の利用時間に合わせなければならず、特に朝風呂出来ないのがやや不満でした。
   
10時から22時。150円。一泊素泊まり2500円。
菊鹿温泉元湯   菊池温泉から菊鹿温泉に進むと下記の恵温泉など一軒宿の安価な公衆浴場が目立ちます。当研究所菊池や山鹿で地元の方にとにかく『元湯』『恵』は入りなさいと勧められ、体験してきました。
   7時から22時。300円。
恵温泉   同上。極上。
   9時から23時。300円。

    

県南部エリア


   湯の鶴・湯の児・湯浦。おもしろい事に県南部にはこの3つの「湯の〜」シリーズがそろいます。その他地味ですが、やはりお勧めの共同湯がたくさんある熊本県南部エリアです。
共同湯を持つ温泉地
温泉地名 概要 共同浴場数
湯の児温泉   湯の児温泉はどちらかというと大温泉地の部類に該当し、観光色の強いリゾート感覚が先立ちます。しかし、ここにも正当九州のDNAを持つゲキシブの共同湯『竹下温泉』があります。この地方を回られる方は絶対にロストしないようお勧めします。

   湯の児温泉の竹下共同浴場はジモ泉化されました。

湯浦温泉   国道3号線沿いに走るJR線の駅にもなっている湯浦温泉。ここにも安価な極上湯が3軒もあります。このうち国道3号に面して立つ、『岩の湯』は交通量の多い一桁国道沿いの温泉には全く見合わない、極上ゲキシブの共同湯です。(別府をご存じの方は10号線に北的ヶ浜温泉が面していることを想像してください)
   7時から22時。170円。(3軒とも)
  極上。お勧め。
湯の鶴温泉   水俣で国道より山間部に入ったところにある湯の鶴温泉は比較的地味な温泉ですが、ここの共同湯は前述の『竹下』『岩の湯』と並んで絶対にはずせない3兄弟の一角を占めています。
   8時半から18時。100円。(きくの湯)

  極上。お勧め。
吉尾温泉   八代で国道3号から離れ球磨川沿いに進路をとれば、やがてJRの吉尾駅付近に到達します。こちら吉尾温泉は全国でも大変珍しい、足下自噴泉の共同浴場を持っています。正に現代の秘湯と言うべきそのレア度と佇まいは上の3つと共に絶対はずせない魅力を持っています。(内湯の共同湯で足下自噴源泉を持つ温泉はここだけかも知れません、当研究所比)
   8時から20時。170円。

  極上。お勧め。
日奈久温泉   八代の南方、海沿いの日奈久温泉には安価で魅力的な共同湯・公衆浴場などが5軒もあり、はしごが楽しい地域となっています。惜しむらくは旅館の軒数も随分あり、きちんとした温泉街が形成されているわりにはお店や食べ物やなど観光的な要素がなく、外湯の街候補から外れてしまっていることです。しかし、はしご出来る施設の内、旅館も含め何軒かは「わざわざ訪れる価値がある」温泉であること、当研究所太鼓判を押します。
   極上。お勧め。


現在入浴数
一般施設=およそ60軒 ジモ自家=7


温文研ホームへ

inserted by FC2 system