温泉文化研究所(HOME) 》 岩手県県別温泉リスト






岩手県 温泉文化レポート
  岩手県の温泉はいわゆる名湯系や湯治系のものが多く、安価な共同湯や公衆浴場のイメージは大変少なくなっています。なので、共同湯だけにとらわれずに温泉をエリア的にとらえれば、海岸線には比較的温泉が少なく、盛岡を通る南北のラインで左右に分けると盛岡以西に集中しております。すなわち八幡平周辺・岩手山周辺・花巻周辺・湯田周辺・北上周辺に良い温泉が多いと言うことです。名湯系の温泉に目がない方は岩手県の温泉ははずせないところでしょう。(でもそういった系統の当研究所の研究は甘いのです(笑))
  なお共同浴場系をお求めになられる方は、JR北上線沿いに連なる湯田温泉郷付近に行かれると良いでしょう。

  


温泉名(施設名) 所在地 概  要 利用時間 料金 備考 利用期
松川温泉 峡雲荘 松尾村   岩手山の北側。山深くに存在する桃源郷。網張温泉とは直線で5qほどしか離れていませんが、険しい山の尾根づたいに背中合わせに立地しており、お互い車利用だと相当な大回りを強いられます。そんな山深い場所に3〜4軒の個性的な浴場を持つ旅館が点在しており、正に名湯系、全てコンプリートしたくなります。 8時〜21時 400円 無休 1999.08
金田一温泉 神泉荘 二戸市   実は大変歴史のある金田一温泉ですが、もう一つ知名度が無く、温泉ファンの中でも名前だけで二戸にあるとすぐ分かる方は少ないのではないかという印象があります。当研究所は国道4号線の旅をしている時にここを利用し、夜の締めにしました。湯治宿が公衆浴場も兼ねていると言った印象でした。宿泊が激安だったのも印象に残っています。【1泊2食4500円〜5000円!!】 8時半〜21時 300円 無休 1998.08
七時雨鉱泉 田代の湯 八幡平市   こちら何かの温泉本で見ていきました。周囲の緑が広がる眺望が美しくロケーションに癒される湯です。アプローチは大変でした。(遠くて) 9時〜17時 450円 無休 1998.08
網張温泉 仙女の湯 雫石町   公営の温泉施設の裏手にある野湯のような露天風呂。かつては混浴で大変開放感のある素晴らしいものだったが、時代の流れから男女別に区切られた模様。 8時〜20時 100円 無休 1999.08
国見温泉 雫石町    温泉ファン垂涎の比類無きエメラルドグリーンの湯を持つ温泉。本当にここの湯は唯一無二というか「ライバルは自分です」という言葉がふさわしい温泉です。 8時〜19時  400円 無休 2005.03
鶯宿温泉 ウグイス旅館 雫石町   盛岡からほんのわずかしか離れていない立地にありながら、非常にシブイ趣を持つ湯治目的の施設が多い温泉街を持つ鶯宿温泉。中でもここウグイス旅館は共同湯の役割も果たしており、早朝(6時前でも入浴可)から夜(終了時間は混み具合によりファジー)まで入浴を受け付けています。その浴室には混浴の足下自噴浴槽があり、温泉ファンには涙もののゲキシブ湯治旅館です。(但し足下自噴泉浴槽は他の源泉開発が原因で現在では湯量が減少し、引き湯による源泉増量も行っています)
       ※残念ながら廃業しました。
早朝〜21時位 200円 無休 1998.08
    繋温泉・管旅館
         老人憩いの家
盛岡市   盛岡市の奥座敷的な存在の温泉。市内からほど近い立地でありながら、自然に囲まれ、非常に静か。湯は卵臭がぷんぷん香るもので大変心地よい。当研究所好みの共同浴場は廃止されてしまったようだが、比較的安価な日帰り入浴が楽しめるところは未だに健在である。 9時〜21時
(管旅館)
6:30〜21:00
(憩いの家)
400円(管)
500円(老)
無休 2010.04
橋場温泉  道の駅あねっこの湯 雫石町   道の駅に併設の温泉。ここで車中泊する計画になったので夜に利用しました。ごく当たり前の公衆浴場。 9時〜21時 500円 無休 2000.08
湯田温泉郷 ほっとゆだ 西和賀町   湯田温泉郷は錦秋湖の東西南北に広がる温泉です。その中でも全国的にも珍しい駅(ほっとゆだ駅)に併設された温泉が「ほっとゆだ」で、ここが湯田温泉の中心地となります。ここはまっとうな掛け流し温泉でその上安価、変わり種としての要素を除いても十分ハイレベルな公衆浴場となっていて、特に低料金の浴場が極端に少ない岩手県の中では当研究所の研究対象となる素晴らしい温泉です。。また駅前温泉としてもこれ以上近くするのは難しいかもしれません。 7時〜21時 200円 2水休 2000.08
湯田温泉郷 穴ゆっこ 西和賀町   錦秋湖の周囲にはこの穴ゆっこともう一つ「サービスエリア併設の入浴施設」も有りますので勘違いないようにしてください。(ちなみにサービスエリア内でも天然温泉はここと上諏訪以外は滅多に見ない付加価値のある温泉です。)穴ゆっこはほっとゆだと同じく利用しやすい低料金な公衆浴場で、ほっとゆだより若干料金が上だけあって、内湯以外にも露天など設備が充実しています。 8時〜21時 250円 2月休 1999.08
湯田温泉郷 湯本温泉 丑の湯 西和賀町   ほっとゆだより真っ直ぐ北を目指すとやがて湯本温泉に至ります。ここにも安価な公衆浴場があり、ほっとゆだや穴ゆっこがハイレベルなので皆すごく期待していきますが、なぜかここは「循環・塩素」です。湯は豊富だと思うんだけどなあ。 6時〜23時 200円 無休 2000.08
湯田温泉郷 巣郷温泉 福寿荘 西和賀町   湯田温泉郷の中で唯一西側にアル温泉。国道沿いに秋田方面を目指しぎりぎり岩手県内の巣の郷地区に数軒の温泉施設があります。 時〜22時  200円 無休 2006.08
湯田温泉郷 巣郷温泉 でめきん食堂 西和賀町   巣の郷温泉にある食堂温泉。温泉ファンにはつとに有名で、食堂としてただ食事するだけでも一流の上、湯は個性的なアブラ臭温泉が掛け流し、しかも入浴はサービスという食堂温泉の鏡のような場所ですが、当研究所たった一回通りかかった日が定休日の火曜日で未だ未湯です。 9時〜20時  無料
(但し食事した人のみ)
火休 2004.08
花巻温泉郷 金矢温泉 花巻市   国民年金保養センターに併設の公衆浴場的な入浴施設。岩手県は利用しやすい国道4号沿いに安価な公衆浴場や共同湯が非常に少なく、移動の際この界隈で入浴しなくてはならない場合、大変苦労します。(尚利用可能時間は不明です) 10時〜20時 470円 無休 1999.08
花巻南温泉郷 大沢温泉 花巻市   言わずと知れた岩手県が全国に誇る名湯系の湯治宿、大沢温泉です。東北の当時の顔といってもいいこの温泉はあまりにもメディアなどへの露出度も高く、有名な川沿いの混浴露天を知らない方はいないかも知れません。進化を続ける施設は最近川沿いに男女別の全天候型の半露天風呂を設け、更に利用しやすくなりました。 7時半〜20時半 500円 無休 2004.03
花巻南温泉郷 鉛温泉 花巻市   同じく東北の当時温泉の代名詞、鉛温泉です。こちらもいかにも東北らしいおおらかな混浴内湯の大浴場があり、その源泉は湯底、つまり足下自噴泉となっています。浴場は源泉の変化と共にどんどん、どんどん掘り下げられ、現在では当研究所の大好物「地底人のすみか」となっています。また、大沢温泉同様施設は進化を遂げ、こちらも使いやすい別浴の浴室を設けました。ただ、残念ながらその折りに値上がりも経験し、ちょっと生活温泉(湯治温泉?)からは縁遠くなってしまいました。(料金が高いと「一生に一度位記念に」的な縁遠さを感じます。 7時〜20時  700円 無休 2004.03


温文研ホームへ 県別リストへ

   

inserted by FC2 system