温泉文化研究所(HOME) 》 福岡県県別リスト



福岡県 温泉文化レポート
  福岡県は、温泉王国九州にあってやや当研究所の研究対象となる温泉が少ないかな?という印象を持っています。(あくまでも当研究所的にです)。基本的に安価な浴場や、二日市温泉のように風情ある純正共同湯を持つ温泉地にアンテナが反応するのです。
  ここでは当研究所が巡った数少ない温泉の中からレポートします。(尚、半数の温泉は知人に連れて行っていただき、半数の温泉は知人に場所を聞いていっただけなので詳しい案内が一切出来ません。どの浴場も近くまではいけてもなかなか発見出来ない所ばかりですので頑張って行ってください)


当研究所が考える共同湯と公衆浴場について
   当研究所ではあえて共同湯と公衆浴場という言葉を使い分けています。法律的にはたぶんこの両者は同じものを指すのだと思います。しかし、例えばみなさんよくご存じの渋温泉の9つの共同湯など、明らかに「銭湯」もしくは「公衆浴場」と呼ぶには違和感がある浴場は存在すると思います。ではその境界線をどこにもうけたらよいのでしょうか。当研究所の私見では以下のように考えています。
 1シャワーやカランが全くないか、あっても2〜3である。
  
 (特に洗髪や体洗いの時、浴槽から直接湯をくむ施設)
 2浴槽の大きさが大人6〜7人入れば一杯の大きさかそれ以下である。
 3
脱衣所と浴室が一体化して境目がない。
 4
利用料金が毎日の生活の中でレジャー扱いとならない金額
     (無料から400円以内)である。
     (たまの休みに500円以上出して骨休みに行くレジャー温泉を
      のぞくという意味です)

   上の項目の2つ〜3つを満たしていれば一応当研究所ではその施設を「共同湯」と呼んでおり、すべての項目を満たしていない、特に1.を満たさない浴場を「銭湯」もしくは「公衆浴場」と呼ぶことにしています。
                        その他に意味がわからない用語が多すぎると言う方は・・・温泉用語辞典


共同湯を持つ温泉地
温泉地名 概要 共同浴場数
二日市温泉   福岡県では大変貴重な「温泉街を持つ温泉地」である、二日市温泉。この温泉地にはいくつかの共同湯がありますが、その中で当研究所は湯仲間にご案内頂き、『博多湯』へ行きました。博多湯ともう一つの共同湯・御前湯は向かい合って建っています。
  ところが非常に風情があった旧博多湯はこの度全面改装され全く新しい施設に生まれ変わったそうです。(新施設は未湯です。四角いきれいな岩風呂風の温泉です。)

   9時から21時。300円。(新施設料金)
北野温泉   こちらも二日市温泉同様、当研究所がアップをしない内に施設が完全に建て替えられてしまいました。北野温泉は福岡県旧北野町(現久留米市)にある温泉です。旧北野温泉の有名だった「円形浴槽」をレポートします。(新施設は未湯です)
   6時から21時。300円。(旧施設料金)
青木温泉   福岡県の城島町にあるあおき温泉は湯がよいので有名な温泉です。この温泉は福岡県在住のFさん・Yさんにご案内頂きました。(いつも画像提供もありがとうございます)。その湯は浴室に一歩入った瞬間からはっきり分かる硫黄臭(卵臭)のもので、福岡県南部では比較的貴重なのだそうです。浴感は「ローション湯」のようなぬるつるするものでこれまた大変珍しいものです。
   10時から22時。500円。

  極上。お勧め。
松田広安温泉

2010廃業
  福岡県瀬高町にある冷鉱泉の湯治湯。加熱による提供ですが、冷鉱泉源泉浴が楽しめる上、加熱泉共々見事な「枯れたオレンジ色」の湯となっており、風情・湯・隠し湯感、何をとっても秘湯と呼びたくなってしまう温泉です。
   
8時半から16時。400円。

  極上。お勧め。
蒲原本湯
残念ながら
廃止されました。
(2008.01)
  福岡県八女市にあります、冷鉱泉の温泉です。こちら広安温泉とは異なり、湯はそれほど個性的ではありません。しかし、宿全体の隠し湯感やひなび感がずば抜けて高くなっております。レトロなタイルや木造の色合いをお楽しみ下さい。       廃業
         
極上。お勧め。・・・・・・でした。


温文研ホームへ
inserted by FC2 system